概要

ページ全体で、https対応しているか、M70対応(信頼されなくなる証明書を使っているページがあるか)を確認したくて、Seleniumでページを巡回して、Chromeのconsole.logを自動で保存する仕組みを作成。

環境

  • macOS(sierra)
  • node.js(9)
  • chromedriver 2.37.0
  • selenium-webdriver 4.0.0-alpha.1(何も考えずにインストールしたら、alphaだった)

Chromeのconsole.logを保存するための起動オプション(mac)

open /Applications/Google\ Chrome.app --args --enable-logging --log-level=0

SeleniumのWebDriverの起動方法(node.js)

  • 検索しても、言語が違ったり、バージョンが違ったりして、設定方方法をなかなかみつけらず。試行錯誤したら動いた。
const capabilities = webdriver.Capabilities.chrome()
const chromeOptions = {
    'args': ['enable-logging'],
}
capabilities.set('chromeOptions', chromeOptions)

let driver = await new webdriver.Builder()
.withCapabilities(config['capabilities'])
.build()

動作イメージ

360p_gif.gif
https://youtu.be/2RXbYS8AKDw

ソースコード(github)

https://github.com/uebusin/save_chrome_log
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.