Help us understand the problem. What is going on with this article?

Xcode のスキームでビルド設定を切り替える

More than 5 years have passed since last update.

アプリのビルド設定をいくつか用意して簡単に切り替えたい、という状況がときどきあります。たとえば、開発用サーバに接続するデバッグアプリと本番サーバに接続するデバッグアプリを使い分けたい場合です。

そんなときは Xcode のスキームを使うと便利です。今回は Sample.app を作成し、普通のデバッグビルドに加えて、コンパイル時に MY_DEBUG マクロが定義されるデバッグビルドを実行できるようにしてみます。

1. プロジェクトのコンフィグを作る

コンフィグは、ビルドに関する様々な設定(ターゲット OS や使用するコンパイラ、リンカオプションなど)をまとめたものです。既存のデバッグ用コンフィグを複製して新しいコンフィグを用意してみましょう。

Project Navigator (Xcode の左ペインのファイルツリー)からプロジェクトを選択します。 Info タブを開くとプロジェクトの情報が表示されます。 Configurations の "Debug" を複製して名前を "Debug (MY_DEBUG)" とします。

Xcode

2. ビルド設定にマクロの定義を追加する

Build Settings タブを開き、 Preprocessor Macros の設定を探します。先ほど作った "Debug (MY_DEBUG)" に MY_DEBUG マクロを追加します。

Xcode

3. 新しいスキームを作りビルド設定を変える

新しいスキームを作り、デバッグビルドに "Debug (MY_DEBUG)" コンフィグを使うように設定してみましょう。

ツールバーの Scheme ボタンをクリックして New Scheme... を選びます。名前を "Sample (MY_DEBUG)" とします(補足:スキーム名にカンマなどを含めるとビルドに失敗することがあります。カッコ以外の記号は使わないほうが無難です)。

Scheme ボタンから Edit Scheme… を選び、 "Sample (MY_DEBUG)" を編集します。左のリストから Run Sample.app を選び、 Info タブの Build Configuration を "Debug (MY_DEBUG)" に変更します。

Xcode

4. スキームを共有する

Scheme ボタンから Manage Schemes… を選び、共有したいスキームの Shared チェックボックスをオンにします。チェックボックスがオンのスキームはファイルに書き出され、他の開発者と共有できるようになります。ファイルは Sample.xcodeproj/xcshareddata/xcschemes/${スキーム名}.xcscheme にあるので、バージョン管理システムに追加しておきましょう。

Xcode

5. できあがり

Scheme ボタンから "Sample" か "Sample (MY_DEBUG)" を選ぶと MY_DEBUG マクロの有無が切り替わります。

コンフィグを変えるだけでなく、デバッガを使い分けたりビルドの前処理スクリプトを走らせたりと、色々なスキームを作ってみると便利かもしれません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした