Help us understand the problem. What is going on with this article?

pythonのデータ型についてシンプルにまとめてみる

More than 3 years have passed since last update.

pythonのデータ型について少し勉強したので、スーパーsimpleにまとめます。順番は以下の通りです。随時更新していきます。(多分)

string(文字型)

Stringでデータ型を使う時には、
「''(シングルクォート)」
「""(ダブルクォート)」
「''' aaa '''(トリプルシングルクォート)」
「"""(トリプルダブルクォート)」
の4種類が主に挙げられます。

どれを使ってもstring型を定義できるのですが、少し細かいルールがそれぞれあるので、またそれは随時追加していきます。

number(数字)

Number型を定義したい時は、何も打たずにただただ数字を打てばオッケーです。例としては以下の感じ。ここでは変数として「var」を使います。

var1 = 6
var2 = 897.33

などなど。

ここで、注意したいのは、Numberは以下の3種類からなるということ。
- Integer(整数型)
- Float(小数点)
- Boolean(True / False)

簡単にFloatとBooleanについて記述。Integerは普通に日々やってる整数の足し算引き算ですので、省略。

Float

Floatの特徴について箇条書き。

'''lang:test
6.0 + 4 = 10.0 (Float型(ここでは6.0)が1つでも入ってれば答えはFloat)
6.0 * 4 = 24.0(掛け算引き算も同じ)
6.0 / 2 = 3.0 (割り算も同じかと思いきや)
6 / 2 = 3.0 (割り算だけはいつも結果はFloat型のようです。)
'''

Boolean

Boolean はStringかと思いきや、「0と1で定義」されています。なので、以下のような足し算が可能です。

'''lang:test
False + 1 = 1 (Falseはコンピューター的には0と保存されいるので)
True + 1 = 2 (Trueは1なんですね。)
'''

まぁ、あんまりこんな書き方しないだろうから、気にしなくてもいいだろうけど。

list(リスト)

list は次のように [ ] を使って定義できる。

list = [7, 'aa', False]

特徴としては、、
1. 中身の書き換えが可能(tupleとの違い)
2. 入力した順番で保存されるため、indexでよびだせる(list[0]とうつと7が返ってくる)。(Dictionaryとの違い)

tuple(タプル)

tuple は以下のように ( ) を使って定義できる。

tuple = (123,456,789)

特徴としては、、
1. 中身の書き換えが不可能(listとの違い)
2. 入力した順番で保存されるため、indexでよびだせる(tuple[0]とうつと 123* が返ってくる)。(Dictionaryとの違い)

dictionary(辞書型配列)

Dictionary は以下のように ** { } ** を使って定義できる。

*Dictionary = {"key" : "Value", "age" : "8"} *

特徴としては、、
1. 中身の書き換えは可能。(tupleとの違い)
2. 入力された順番で保存されないため、indexで呼び出せない。(list,tupleとの違い)
3. そのかわり、** key **を使ってよびだせる。

例えば、、

Dictionary["key"] と打つと"Value"が返ってきたり、Dictionary["age"]と打つと"8"が返ってくる

u_kan
Fill up the world with good share :D 東京工業大学/python/javascript/react-native/データサイエンス/
http://www.doryoku-1mm.tech
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした