dictionary
list
python3
tuple
データ型

pythonのデータ型についてシンプルにまとめてみる

More than 1 year has passed since last update.

pythonのデータ型について少し勉強したので、スーパーsimpleにまとめます。順番は以下の通りです。随時更新していきます。(多分)

string(文字型)

Stringでデータ型を使う時には、
「''(シングルクォート)」
「""(ダブルクォート)」
「''' aaa '''(トリプルシングルクォート)」
「"""(トリプルダブルクォート)」
の4種類が主に挙げられます。

どれを使ってもstring型を定義できるのですが、少し細かいルールがそれぞれあるので、またそれは随時追加していきます。

number(数字)

Number型を定義したい時は、何も打たずにただただ数字を打てばオッケーです。例としては以下の感じ。ここでは変数として「var」を使います。

var1 = 6
var2 = 897.33

などなど。

ここで、注意したいのは、Numberは以下の3種類からなるということ。
- Integer(整数型)
- Float(小数点)
- Boolean(True / False)

簡単にFloatとBooleanについて記述。Integerは普通に日々やってる整数の足し算引き算ですので、省略。

Float

Floatの特徴について箇条書き。

'''lang:test
6.0 + 4 = 10.0 (Float型(ここでは6.0)が1つでも入ってれば答えはFloat)
6.0 * 4 = 24.0(掛け算引き算も同じ)
6.0 / 2 = 3.0 (割り算も同じかと思いきや)
6 / 2 = 3.0 (割り算だけはいつも結果はFloat型のようです。)
'''

Boolean

Boolean はStringかと思いきや、「0と1で定義」されています。なので、以下のような足し算が可能です。

'''lang:test
False + 1 = 1 (Falseはコンピューター的には0と保存されいるので)
True + 1 = 2 (Trueは1なんですね。)
'''

まぁ、あんまりこんな書き方しないだろうから、気にしなくてもいいだろうけど。

list(リスト)

list は次のように [ ] を使って定義できる。

list = [7, 'aa', False]

特徴としては、、
1. 中身の書き換えが可能(tupleとの違い)
2. 入力した順番で保存されるため、indexでよびだせる(list[0]とうつと7が返ってくる)。(Dictionaryとの違い)

tuple(タプル)

tuple は以下のように ( ) を使って定義できる。

tuple = (123,456,789)

特徴としては、、
1. 中身の書き換えが不可能(listとの違い)
2. 入力した順番で保存されるため、indexでよびだせる(tuple[0]とうつと 123* が返ってくる)。(Dictionaryとの違い)

dictionary(辞書型配列)

Dictionary は以下のように ** { } ** を使って定義できる。

*Dictionary = {"key" : "Value", "age" : "8"} *

特徴としては、、
1. 中身の書き換えは可能。(tupleとの違い)
2. 入力された順番で保存されないため、indexで呼び出せない。(list,tupleとの違い)
3. そのかわり、** key **を使ってよびだせる。

例えば、、

Dictionary["key"] と打つと"Value"が返ってきたり、Dictionary["age"]と打つと"8"が返ってくる