iosアプリに対して、サーバーからプッシュ通知を実装するための準備

More than 1 year has passed since last update.

ただのリンクを貼っていくだけですが、掲載元の記事が秀逸すぎて、その通りやれば基本的に証明書の作成には成功するかと思います。

なかなかまとまった情報がなくて、割と長い間はまっていた。というかいくらググっても公式ドキュメントに行き当たらなかったのがつらかった。てか、公式ドキュメントってあるの?笑 誰もリンク載せてないんですが。。


  1. 実現したかったことと環境

  2. 注意点

  3. リンクたち

っていう順番で


1. 実現したかったことと環境

アプリ側で取得したトークンをサーバ(ruby/rails)ーで保存。そこからrpushっていうgemを使って、APNsにリクエスト。

rails 5.0.1

date 2017年5月

頻繁に仕様が変わるらしいので、日付が大事、笑


2. 注意点

これが多分大事。初心者ははまるじゃないの。

production と development用の証明書の取得ができる。僕が想像したのはこう。

想像

development => debugモードでビルドした際に活用可能
production => releaseモードでビルドした際に活用可能

現実

development => debug / release モード両方
production => app storeからダウンロード可能なもの

なるほど。。これに気づかず。割とはまった。かなり。


3. リンク

以下のリンクを順に辿っていけば実現可能。実際僕はできてます。

firebase: 証明書取得方法

取得した.p12ファイルを、pemファイルに変換

抜粋するとこのコード



openssl pkcs12 -in pushcert.p12 -out pushcert.pem -nodes -clcerts

Apple Push Notification Serviceのエラー処理について

push通知用gem ios/android対応