Help us understand the problem. What is going on with this article?

rbenvを使用したRuby環境構築 (Raspbian)

More than 5 years have passed since last update.

Raspberry Pi(Raspbian)にrbenvを使用してRuby環境を構築したので、手順メモを残します。

と言っても、Ruby - rbenv のインストール (Linux Mint) - Qiitaに従っただけですが。

完了状態

  • Ruby 2.2.0が使用可能。

作業手順

rbenvgit cloneします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

".bashrc"に追記します。

.bashrc
# rbenv
PATH="$HOME/.rbenv/shims:$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

".bashrc"を再読み込みします。

$ source .bashrc

ruby-buildgit cloneします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

依存パッケージをインストールします。

$ sudo aptitude install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

インストールできるRubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install --list

Rubyをインストールします。すごく時間がかかったので、screenの中で行いました。

$ sudo rbenv install 2.2.0
$ sudo rbenv rehash
$ rbenv versions

rbenv versionsでインストールしたバージョンが表示されるはずです。
デフォルトで使用するRubyのバージョンを設定します。

$ rbenv global 2.2.0
$ ruby -v

ruby -vで設定したバージョンが表示されるはずです。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away