Help us understand the problem. What is going on with this article?

Tig の表示方法あれこれ

More than 5 years have passed since last update.

Tig の表示方法あれこれ

このエントリーはGitアドベントカレンダーの十一日目です。十日目は kyanny さんの「Git における SSH オプション指定方法あれこれ」でした。タイトルは、パクr...リスペクトしました!

Tigとは?

Tig は ncurses ベースの Git のためのテキストユーザインタフェースです。
Gitリポジトリ内の変更内容を、Vimライクな操作で高速に閲覧することができます。

インストール

Mac なら Homebrew か MacPorts でインストールできます。
あとはこちらで。

基本的な使い方

Git レポジトリ内で tig コマンドを打つと、カレントブランチの変更履歴が表示されます。
h でヘルプが見られるので、ビューの切り替え方法などの操作方法を調べることができます。

本題

tig コマンドに引数を渡す事で、開き方を変えることができます。

特定の1つまたは複数のブランチを表示:

$ tig master new_feature

全てのブランチを表示:

$ tig --all

リモートブランチの最新コミットを表示:

$ tig origin/HEAD

2つのブランチ間の差を表示:

$ tig test..master

単一ファイルの変更点を表示:

$ tig -- README.rdoc

特定のリビジョンにおける README.rdoc ファイルの内容を表示:

$ tig show v3.2.5:README.rdoc

README.rdoc ファイルの、ある期間のリビジョンを表示:

$ tig --after="2012-01-01" --before="2012-06-11" -- README.rdoc

README.rdoc ファイルの、直近 1 週間のリビジョンを表示:

$ tig --since=1.week -- README.rdoc

コードのそれぞれの行を、誰が、いつコミットしたのかを表示:

$ tig blame README.rdoc

tig 便利ですね!

参考

  • man tig - ネタ元。すべてここに書いてあります。
  • The tig Manual - man よりももう少し突っ込んだ使い方が書いてあります。

明日は T_Hash さんです。

tyabe
Rubyが好きなソフトウェアエンジニア。Shibuya.rb
storesjp
インターネットビジネスの企画・開発・運営、マーケティング、プロモーション、コンテンツの企画・制作
https://about.stores.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした