Tig の表示方法あれこれ

  • 159
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Tig の表示方法あれこれ

このエントリーはGitアドベントカレンダーの十一日目です。十日目は kyanny さんの「Git における SSH オプション指定方法あれこれ」でした。タイトルは、パクr...リスペクトしました!

Tigとは?

Tig は ncurses ベースの Git のためのテキストユーザインタフェースです。
Gitリポジトリ内の変更内容を、Vimライクな操作で高速に閲覧することができます。

インストール

Mac なら Homebrew か MacPorts でインストールできます。
あとはこちらで。

基本的な使い方

Git レポジトリ内で tig コマンドを打つと、カレントブランチの変更履歴が表示されます。
h でヘルプが見られるので、ビューの切り替え方法などの操作方法を調べることができます。

本題

tig コマンドに引数を渡す事で、開き方を変えることができます。

特定の1つまたは複数のブランチを表示:

$ tig master new_feature

全てのブランチを表示:

$ tig --all

リモートブランチの最新コミットを表示:

$ tig origin/HEAD

2つのブランチ間の差を表示:

$ tig test..master

単一ファイルの変更点を表示:

$ tig -- README.rdoc

特定のリビジョンにおける README.rdoc ファイルの内容を表示:

$ tig show v3.2.5:README.rdoc

README.rdoc ファイルの、ある期間のリビジョンを表示:

$ tig --after="2012-01-01" --before="2012-06-11" -- README.rdoc

README.rdoc ファイルの、直近 1 週間のリビジョンを表示:

$ tig --since=1.week -- README.rdoc

コードのそれぞれの行を、誰が、いつコミットしたのかを表示:

$ tig blame README.rdoc

tig 便利ですね!

参考

  • man tig - ネタ元。すべてここに書いてあります。
  • The tig Manual - man よりももう少し突っ込んだ使い方が書いてあります。

明日は T_Hash さんです。