Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pythonで世界地図(matplotlib basemap toolkit翻訳)-2

More than 1 year has passed since last update.

mpl_toolkits.basemap
https://matplotlib.org/basemap/api/basemap_api.html

arcgisimage(server='http://server.arcgisonline.com/ArcGIS', 
service='ESRI_Imagery_World_2D', xpixels=400, ypixels=None, dpi=96, 
verbose=False, **kwargs)

ArcGIS Server REST APIを使用してイメージを取得し、マップ上に表示します。このメソッドを使用するには、cyl投影が使用されていない場合(epsgコード4326が想定されている場合)、epsgキーワードを使用してマップ投影を定義するBasemapインスタンスを作成する必要があります。

Keywords Description
server web map server URL (default http://server.arcgisonline.com/ArcGIS).
service サーバー上でホストされているサービス(イメージタイプ)(デフォルトESRI_Imagery_World_2D、これはNASAの「Blue Marble」イメージです)。
xpixels 要求されたx方向の画像ピクセル数(デフォルトは400)。
ypixels 要求されたy方向の画像ピクセル数。デフォルト(なし)は、xpixelsからの数とマップ投影領域の縦横比を推測することです。
dpi エクスポートされたイメージのデバイス解像度(1インチあたりのドット数、デフォルトは96)。
verbose Trueの場合、イメージの取得に使用されるURLを出力します(デフォルトはFalse)。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

barbs(x, y, u, v, *args, **kwargs)

マップ上に風の棘(風向・風力の記号)のプロット(u、v)を作成します。 (matplotlib.pyplot.barbsのドキュメントを参照してください)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の* argsと** kwargsがmatplotlib.pyplot.barbsに渡されました

2つのmatplotlib.axes.Barbsインスタンスを返します.1つは北半球、もう1つは南半球です。

bluemarble(ax=None, scale=None, **kwargs)

地図の背景として青い大理石の画像(http://visibleearth.nasa.gov から)を表示します。 デフォルトの画像サイズは5400x2700です。これはかなり遅くてかなりのメモリを使用します。 scaleキーワードを使用して画像をダウンサンプリングすることができます(スケール= 0.5ダウンサンプルから2700x1350まで)。

** kwargsがimshow()に渡されました。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

colorbar(mappable=None, location='right', size='5%', pad='2%', 
fig=None, ax=None, **kwargs)

マップに関連付けられた軸にカラーバーを追加します。カラーバー軸インスタンスは、axes_gridツールキットを使用して作成されます。

Keywords Description
mappable Colorbarが適用されるImage、ContourSetなどを指定します。デフォルトなし、matplotlib.pyplot.gci()は、現在のイメージを取得するために使用されます。
location colorbar( 'top'、 'bottom'、 'left'、 'right')デフォルトの 'right'を置く場所。
size カラーバー軸の幅(文字列 'N%'、Nは親軸の端数幅を表す整数)。デフォルトは「5%」です。
pad サイズと同じ単位で親軸とカラーバー軸の間を埋める。デフォルトの「2%」。
fig マップインスタンスが関連付けられているFigureインスタンス。デフォルトなし。matplotlib.pyplot.gcf()は、現在アクティブなFigureインスタンスを取得するために使用されます。
ax カラーバーが関連付けられるaxesインスタンスです。デフォルトNone、self.axを検索し、Noneがmatplotlib.pyplot.gca()を使用している場合。
**kwargs Figureインスタンスのcolorbarメソッドに渡される余分なキーワード引数。

matplotlibカラーバーインスタンスを返します。

contour(x, y, data, *args, **kwargs)

マップ上にコンタープロットを作成します(matplotlib.pyplot.contourのドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

triをTrueに設定すると、構造化されていないグリッドが仮定されます(x、y、データは1-dでなければなりません)。また、matplotlib.pyplot.tricontourが使用されます。

他の* argsと** kwargsはmatplotlib.pyplot.contour(またはtri = Trueの場合はtricontour)に渡されます。

contourf(x, y, data, *args, **kwargs)

マップ上に塗りつぶした等高線を作成します(matplotlib.pyplot.contourfのドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

xまたはyが投影肢の外側にある場合(すなわち、値が1.e20を超える)、対応するデータ要素はマスクされる。

余分なキーワード 'ax'を使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

triをTrueに設定すると、構造化されていないグリッドが想定されます(x、y、データは1-dでなければなりません)。また、matplotlib.pyplot.tricontourfが使用されます。

他の* argsと** kwargsはmatplotlib.pyplot.contourf(またはtri = Trueの場合はtricontourf)に渡されます。

drawcoastlines(linewidth=1.0, linestyle='solid', color='k', 
antialiased=1, ax=None, zorder=None)

海岸線を描く。

Keyword Description
linewidth 海岸線の幅(デフォルトは1)
linestyle 海岸線のスタイル(デフォルトのソリッド)
color 海岸線の色(デフォルトは黒)
antialiased 海岸線のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
zorder 海岸線のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.patches.LineCollectionsにデフォルトのzorderを使用します)。

matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトを返します。

drawcounties(linewidth=0.1, linestyle='solid', color='k', antialiased=1, 
facecolor='none', ax=None, zorder=None, drawbounds=False)

米国で郡境界を描く郡の境界形状ファイルは、NOAA沿岸地理空間データプロジェクト
(http://coastalgeospatial.noaa.gov/data_gis.html).

Keyword Description
linewidth 郡の境界線の幅(デフォルトは0.1)
linestyle 海岸線のスタイル(デフォルトのソリッド)
color 郡の境界線の色(デフォルトの黒)
facecolor 郡の色を塗りつぶす(デフォルトは塗りつぶされていない)
antialiased county境界のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
zorder 郡境界のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.patches.LineCollectionsにデフォルトのzorderを使用します)。

matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトを返します。

drawcountries(linewidth=0.5, linestyle='solid', color='k', 
antialiased=1, ax=None, zorder=None)

国境を描く

Keyword Description
linewidth 国境線幅(デフォルトは0.5)
linestyle 海岸線のスタイル(デフォルトのソリッド)
color 国境線の色(デフォルトの黒)
antialiased 国境のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
zorder 国境のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.patches.LineCollectionsにデフォルトのzorderを使用します)。

matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトを返します。

drawgreatcircle(lon1, lat1, lon2, lat2, del_s=100.0, **kwargs)

経度 - 緯度のペアlon1、lat1からlon2、lat2から地図上に大きな円(大圏コース)を描く

Keyword Description
del_s 大きな円上のポイントはすべてのdel_sキロメートル(デフォルト100)で計算されます。
**kwargs 他のキーワード引数は、Basemapインスタンスのplot()メソッドに渡されます。

pyplot.plot()の呼び出しのように、単一のmatplotlib.lines.Line2Dオブジェクトを持つリストを返します。

drawlsmask(land_color='0.8', ocean_color='w', lsmask=None, lsmask_lons=None, 
lsmask_lats=None, lakes=True, resolution='l', grid=5, **kwargs)

陸海のマスク画像を描きます。

注意:
matplotlib画像処理の制限(画像のzorderを指定することはできません)のため、陸海のマスク画像を他の画像の上に重ねることはできません。

Keywords Description
land_color 希望する土地の色(色名またはrgbaタプル)。デフォルトのグレー(「0.8」)。
ocean_color 所望の水色(色名またはrgbaタプル)。デフォルトの白。
lsmask 海ピクセルの0の配列、土地ピクセルの1と湖/池ピクセルの2の配列。デフォルトはNone(デフォルトの5分分解能の陸海マスクを使用)です。
lakes プロットの湖と池(デフォルトはTrue)
lsmask_lons 1d lsmaskの経度の配列(lsmaskがNoneの場合は無視されます)。経度は-180 Wから東向きにする必要があります。
lsmask_lats 1d lsmaskの緯度の配列(lsmaskがNoneの場合は無視されます)。緯度は-90 Sから北向きに注文する必要があります。
resolution gshhs陸地/海のマスクを定義するために使用される海岸線の解像度(デフォルト 'l'、利用可能な 'c'、 'l'、 'i'、 'h'または 'f')
grid 陸地/海のマスクグリッドの間隔(分単位)(デフォルトは5,10,2.5,1.25も可能)。
**kwargs imshow()に渡された余分なキーワード引数

lsmask、lsmask_lons、またはlsmask_latsのいずれかのキーワードが設定されていない場合は、組み込みのGSHHS陸海マスクデータセットが使用されます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

drawmapboundary(color='k', linewidth=1.0, fill_color=None, zorder=None, ax=None)

地図投影領域の周囲に境界線を描画し、必要に応じて領域の内側を塗りつぶします。

Keyword Description
linewidth 境界の線幅(デフォルトは1)
color 境界線の色(デフォルトは黒)
fill_color マップ領域の背景をこの色で塗りつぶす(デフォルトは軸の背景色で塗りつぶす)。文字列 'none'に設定されていると、塗りつぶされません。
zorder 地図の背景を塗りつぶすためのzorderを設定します(デフォルトは0)。
ax 使用するAxesインスタンス(デフォルトなし、デフォルトのAxesインスタンスを使用)

マップ境界を表すmatplotlib.collections.PatchCollectionを返します。

drawmapscale(lon, lat, lon0, lat0, length, barstyle='simple', units='km', fontsize=9, 
yoffset=None, labelstyle='simple', fontcolor='k', fillcolor1='w', 
fillcolor2='k', ax=None, format='%d', zorder=None, linecolor=None, linewidth=None)

lon0、lat0の地図投影座標での距離を表す長さの緯度の長さをlonで描画します。

Keywords Description
units length引数の単位(デフォルトkm)
barstyle シンプルまたはファンシー(一般的なマッピングツールで提供されるスタイルにほぼ相当)デフォルトのシンプル。
fontsize マップスケールアノテーションの場合、デフォルトは9です。
fontcolor 地図尺度注釈の場合、デフォルトは黒です。
labelstyle シンプル(デフォルト)または空想。空白のために、スケール・ファクター(lon0、lat0での実際の距離とマップ投影距離の比)とlon0、lat0の値もスケール・バーの上部に表示されます。単純な場合、ユニットは上に表示され、スケールバーの下には距離が表示されます。 Falseの場合は、空のラベルをプロットします。
format 数値をフォーマットする文字列フォーマッタ
yoffset yoffsetは、スケールバーの高さと、注釈がスケールバーからどの程度離れているかを制御します。デフォルトはマップの高さの0.02倍です(0.02 *(self.ymax-self.ymin))。
fillcolor1(2) 交互に塗りつぶされた領域の色(デフォルトの白と黒)。 「空想」のバースタイルにのみ関連します。
zorder マップスケールのzorderを設定します。
linecolor スケールの色を設定します。デフォルトでは、fontcolorが使用されます
linewidth スケールとティックの線幅

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

drawmeridians(meridians, color='k', textcolor='k', linewidth=1.0, zorder=None, 
dashes=[1, 1], labels=[0, 0, 0, 0], labelstyle=None, fmt='%g', xoffset=None, 
yoffset=None, ax=None, latmax=None, **text_kwargs)

シーケンス子午線で与えられた値(度)の子午線(経線)を描き、ラベル付けします。

Keyword Description
color 経線を描くための色(デフォルトは黒)。
textcolor ラベルを描画する色(デフォルトは黒)。
linewidth 経線の線幅(デフォルトは1)
zorder meridiansのzorderを設定します(指定されていない場合、matplotlib.lines.Line2Dオブジェクトのデフォルトzorderを使用します)。
dashes 経線のダッシュパターン(デフォルト[1,1]、すなわち1ピクセルオン、1ピクセルオフ)。
labels メリディアンがプロットの左、右、上、下のどこで交差するかを制御する4つの値(デフォルト[0,0,0,0])のリスト。たとえば、labels = [1,0,0,1]は、メリディアンがプロットの左と下を横切る位置でラベル付けされますが、右と上はラベル付けされません。
labelstyle "+/-"に設定されている場合、東経と西経は "+"と " - "でラベル付けされ、それ以外の場合は "E"と "W"でラベル付けされます。
fmt 経線ラベルをフォーマットする書式文字列(デフォルト '%g')、または緯度値を度単位で引数に取る関数で、書式付き文字列を返します。
xoffset x方向のマップの端からのオフセット(デフォルトはマップ投影座標のマップの幅の0.01倍です)。
yoffset y方向のマップの端からのオフセット(デフォルトはマップ投影座標のマップの高さの0.01倍です)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
latmax 経線が描かれている緯度の絶対値です(デフォルトは80です)。
**text_kwargs axesインスタンスのtextメソッドに渡されるラベルのテキストを制御する追加のキーワード引数(matplotlib.pyplot.textのドキュメントを参照)。

キーが子午線の値である辞書を返します。その値は、各子午線に関連付けられたmatplotlib.lines.Line2Dおよびmatplotlib.text.Textインスタンスのリストを含むタプルです。ディクショナリから項目を削除すると、対応する子午線がプロットから削除されます。

drawparallels(circles, color='k', textcolor='k', linewidth=1.0, zorder=None, 
dashes=[1, 1], labels=[0, 0, 0, 0], labelstyle=None, fmt='%g', xoffset=None, 
yoffset=None, ax=None, latmax=None, **text_kwargs)

シーケンス円で与えられた値(度)の平行線(緯線)を描き、ラベルを付けます。

Keyword Description
color 平行線を描く色(デフォルトは黒)。
textcolor ラベルを描画する色(デフォルトは黒)。
linewidth 緯度線の線幅(デフォルトは1)
zorder 緯度線のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.lines.Line2Dオブジェクトにデフォルトのzorderを使用します)。
dashes 緯度線のダッシュパターン(デフォルト[1,1]、すなわち1ピクセルオン、1ピクセルオフ)。
labels 緯度線がプロットの左、右、上または下を横切る位置にラベルを付けるかどうかを制御する4つの値(デフォルト[0,0,0,0])のリスト。たとえば、labels = [1,0,0,1]は、プロットの左と下を横切る場合に平行にラベル付けされますが、右と上はラベル付けされません。
labelstyle "+/-"に設定されている場合、南北の緯度は "+"と " - "で、それ以外の場合は "N"と "S"で表示されます。
fmt 緯度ラベル(デフォルト '%g')をフォーマットするフォーマット文字列、または唯一の引数として緯度値を度単位で受け取り、フォーマットされた文字列を返す関数。
xoffset x方向のマップの端からのオフセット(デフォルトはマップ投影座標のマップの幅の0.01倍です)。
yoffset y方向のマップの端からのオフセット(デフォルトはマップ投影座標のマップの高さの0.01倍です)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
latmax 経線が描かれている緯度の絶対値です(デフォルトは80です)。
**text_kwargs axesインスタンスのtextメソッドに渡されるラベルのテキストを制御する追加のキーワード引数(matplotlib.pyplot.textのドキュメントを参照)。

キーがパラレル値であり、その値が各パラレルに関連付けられたmatplotlib.lines.Line2Dおよびmatplotlib.text.Textインスタンスのリストを含むタプルである辞書を返します。ディクショナリからアイテムを削除すると、対応する平行線がプロットから削除されます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away