Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pythonで世界地図(matplotlib basemap toolkit翻訳)-3

More than 1 year has passed since last update.

mpl_toolkits.basemap
https://matplotlib.org/basemap/api/basemap_api.html

drawrivers(linewidth=0.5, linestyle='solid', color='k', antialiased=1, ax=None, zorder=None)

大河を描く

Keyword Description
linewidth 河川境界線の幅(デフォルトは0.5)
linestyle 海岸線のスタイル(デフォルトのソリッド)
color 河川境界線の色(デフォルトは黒)
antialiased 川境界線のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
zorder 河川のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.patches.LineCollectionsにデフォルトのzorderを使用します)。

matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトを返します。

drawstates(linewidth=0.5, linestyle='solid', color='k', antialiased=1, ax=None, zorder=None)

アメリカ大陸の州境を描く

Keyword Description
linewidth 状態境界線幅(デフォルトは0.5)
linestyle 海岸線のスタイル(デフォルトのソリッド)
color 状態境界線の色(デフォルトの黒)
antialiased 状態境界のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)
zorder 状態境界のzorderを設定します(指定されていない場合は、matplotlib.patches.LineCollectionsにデフォルトのzorderを使用します)。

matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトを返します。

etopo(ax=None, scale=None, **kwargs)

地図の背景としてetopo救済画像(http://www.ngdc.noaa.gov/mgg/global/global.html から)を表示する。 デフォルトの画像サイズは5400x2700です。これはかなり遅くてかなりのメモリを使用します。 scaleキーワードを使用して画像をダウンサンプリングすることができます(スケール= 0.5ダウンサンプルから5400x2700)。

** kwargsがimshow()に渡されました。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

fillcontinents(color='0.8', lake_color=None, ax=None, zorder=None, alpha=None)

大陸を埋める。(塗りつぶす)

Keyword Description
color 大陸を塗りつぶす色(デフォルトの灰色)。
lake_color 内陸の湖を埋めるための色(デフォルトの軸の背景)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)。
zorder 大陸ポリゴンのzorderを設定します(指定されていない場合は、ポリゴンパッチにデフォルトのzorderを使用します)。塗りつぶした大陸にペイントしたい場合は0に設定します)。
alpha 大陸ポリゴンのアルファ透明度を設定する

大陸を充填した後、湖は軸の背景色で再充填されます。

matplotlib.patches.Polygonオブジェクトのリストを返します。

gcpoints(lon1, lat1, lon2, lat2, npoints)

終点(lon1、lat1)と(lon2、lat2)を持つ大きな円(大圏コース)に沿ってポイント点を計算します。

マップ投影座標で配列x、yを返します。

hexbin(x, y, **kwargs)

xとyが同じ長さの1次元シーケンスであるNの六角形のビニングプロットを作成します.CがNone(デフォルト)の場合、これはxの観測値のヒストグラムです[i]、y [i])。

Cを指定すると、座標(x [i]、y [i])の値を指定します。これらの値は六角形のビンごとに累積され、reduce_C_functionに従って減少します。デフォルトはnumpy平均関数(np.mean)です。 (Cが指定されている場合は、xとyと同じ長さの1次元配列でなければなりません)

x、yおよび/またはCは、マスクされた配列であってもよく、この場合、マスクされていない点だけがプロットされる。

(matplotlib.pyplot.hexbinのドキュメントを参照してください)。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の** kwargsがmatplotlib.pyplot.hexbinに渡されました

imshow(*args, **kwargs)

マップ上に画像を表示する(matplotlib.pyplot.imshowのドキュメントを参照)。

範囲と原点のキーワードが自動的に設定され、画像が地図領域に描画されます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

その他の** kwargsはmatplotlib.pyplot.plotに渡されます。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

is_land(xpt, ypt)

指定されたx、y点(投影座標)が土地の上にある場合はTrueを返し、そうでない場合はFalseを返します。土地の定義は、クラスインスタンスに関連付けられたGSHHS海岸線ポリゴンに基づいています。陸地内の湖の上の点は、地点としてカウントされません。

makegrid(nx, ny, returnxy=False)

等間隔のネイティブ投影グリッドのlon、lat座標を含む形状(ny、nx)の配列を返します。

returnxy = Trueの場合、グリッドのx、y値も返されます。

nightshade(date, color='k', delta=0.25, alpha=0.5, ax=None, zorder=2)

日付で指定された時間に、暗闇の中にあるマップの領域をシェーディングします。 dateは日時インスタンスであり、UTCとみなされます。

Keywords Description
color 色を濃くする夜の領域(デフォルトは黒)。
delta day / nightターミネータは、デルタ度の分解能(デフォルトは0.25)で計算されます。
alpha シェーディングのアルファ透明度(デフォルトは0.5であるため、マップの背景が表示されます)。
zorder シェーディングのためのzorder(デフォルトは2)。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

matplotlib.contour.ContourSetインスタンスを返します。

pcolor(x, y, data, *args, **kwargs)

マップ上に擬似カラープロットを作成します(matplotlib.pyplot.pcolorドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

xまたはyが投影肢の外側にある場合(すなわち、値が1.e20を超える場合)、マスクされた値をマスクしたマスクされた配列に変換されます。その結果、これらの値はプロットされません。

triをTrueに設定すると、構造化されていないグリッドが仮定されます(x、y、データは1-dでなければなりません)。また、matplotlib.pyplot.tripcolorが使用されます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

その他の** kwargsはmatplotlib.pyplot.pcolor(またはtri = trueの場合はtripcolor)に渡されます。

注:(matplotlib.pyplot.pcolorドキュメントから)理想的には、xとyの次元はデータの次元よりも大きくなければなりません。次元が同じ場合、データの最後の行と列は無視されます。

pcolormesh(x, y, data, *args, **kwargs)

マップ上に疑似カラープロットを作成します(matplotlib.pyplot.pcolormeshのドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

その他の** kwargsはmatplotlib.pyplot.pcolormeshに渡されました。

注:(matplotlib.pyplot.pcolorドキュメントから)理想的には、xとyの次元はデータの次元よりも大きくなければなりません。次元が同じ場合、データの最後の行と列は無視されます。

plot(x, y, *args, **kwargs)

マップ上に線やマーカーを描画します(matplotlib.pyplot.plotのドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

その他の** kwargsはmatplotlib.pyplot.plotに渡されます。

quiver(x, y, u, v, *args, **kwargs)

マップ上に矢印付きのベクトルプロット(u、v)を作成します。

引数は、1次元または2次元の配列またはシーケンスです(詳細は、matplotlib.pyplot.quiverのドキュメントを参照してください)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の* argsと** kwargsはmatplotlib.pyplot.quiverに渡されます。

readshapefile(shapefile, name, drawbounds=True, zorder=None, linewidth=0.5, 
color='k', antialiased=1, ax=None, default_encoding='utf-8')

シェイプファイルを読み込み、必要に応じてマップ上に境界線を描画します。

注意:

・形状は2Dであると仮定する

・Point、MultiPoint、Polyline、Polygonの各図形に対してのみ機能します。

・頂点/ポイントは、地理的(緯度/経度)座標でなければなりません。

必須の引数:

引数 説明
shapefile シェイプファイルコンポーネントへのパス。 例:shapefile = '/ home / jeff / esri / world_borders'は、world_borders.shp、world_borders.shx、world_borders.dbfが/ home / jeff / esriに存在することを前提としています。
name シェイプファイルの頂点またはポイントをマップ投影座標に保持するBasemap属性の名前。クラス属性名+ '_情報'は、各形状の1つで、dbfファイルの各図形の属性を含む辞書のリストです。たとえば、name = 'counties'の場合​​、self.countiesはそれぞれのx、y頂点のリストになりますシェイプアトリビュートを持つディクショナリのリストになります。個々の多角形のリングは別々のポリゴンに分割され、追加キー 'RINGNUM'と 'SHAPENUM'が形状属性辞書に追加されます。

次のオプションのキーワード引数は、ポリラインとポリゴンのシェイプタイプにのみ関連し、ポイントとマルチポイントのシェイプは無視されます。

Keyword Description
drawbounds シェイプの境界を描画します(デフォルトはTrue)。
zorder shape boundary zorder(指定されていない場合は、mathplotlib.lines.LineCollectionのデフォルトが使用されます)。
linewidth 形状境界線幅(デフォルトは0.5)
color 形状境界線の色(デフォルトの黒)
antialiased シェイプ境界のアンチエイリアシングスイッチ(デフォルトはTrue)。
ax axesインスタンス(デフォルトのAxesインスタンスをオーバーライドします)

形状ファイル情報を含むタプル(num_shapes、type、min、max)が返されます。 num_shapesはシェイプの数、typeはタイプコード(shapeelibモジュールで定義されているSHPT *定数の1つ、 http://shapelib.maptools.org/shp_api.html を参照してください)、minおよびmaxは4要素リストです。頂点の最小値と最大値。 drawbounds = Trueの場合、matplotlib.patches.LineCollectionオブジェクトがタプルに追加されます。

rotate_vector(uin, vin, lons, lats, returnxy=False)

地理的(緯度/経度)から地図投影(x / y)座標までの経度= lonsおよび緯度= latsの直線グリッド上のベクトルフィールド(uin、vin)を回転します。

補間が行われないという点でtransform_vectorと異なります。ベクトルは同じグリッド上に返されますが、x、y座標に回転します。

入力ベクトルフィールドは球座標(東と北の成分を持つ)で定義され、出力ベクトルフィールドは(xとyを基準にして)投影座標を写像するために回転します。ベクトルの大きさは保存されます。

引数 説明
uin, vin 緯度/経度グリッド上の入力ベクトルフィールド。
lons, lats 入力データの経度と緯度(度)を昇順で含む配列。非円筒投影(cyl、merc、cyl、gall、mill以外)の場合、lonsは-180〜180の範囲内に収まる必要があります。

uout、vout(回転ベクトルフィールド)を返します。オプションのキーワード引数returnxyがTrue(デフォルトはFalse)の場合、uout、vout、x、yを返します(x、yはlons、latsで定義されたグリッドのマップ投影座標)。

scatter(x, y, *args, **kwargs)

マップ上にマーカーを持つ点をプロットします(matplotlib.pyplot.scatterのドキュメントを参照)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の** kwargsはmatplotlib.pyplot.scatterに渡されました。

set_axes_limits(ax=None)

Axesプロット方法のBasemapメソッドラッパーの最終ステップ:

軸の限界を設定し、現在または指定された軸インスタンスを使用してマップドメインの縦横比を修正します。これは、軸インスタンスごとに1回だけ実行されます。

対話モードでは、このメソッドは常にreturn_if_interactiveを呼び出してから戻ります。

shadedrelief(ax=None, scale=None, **kwargs)

http://www.shadedrelief.com から)陰影のある救済画像を地図の背景として表示する。デフォルトの画像サイズは10800x5400です。これはかなり遅くてかなりのメモリを使用します。 scaleキーワードを使用して画像をダウンサンプリングすることができます(スケール= 0.5ダウンサンプルから5400x2700)。

** kwargsがimshow()に渡されました。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

shiftdata(lonsin, datain=None, lon_0=None, fix_wrap_around=True)

経度(およびオプションでデータ)をマップ投影領域と一致するようにシフトします。円柱/擬似円柱のグローバル投影、および正規の緯度/経度グリッドのデータに対してのみ有効です。経度とデータは1-dまたは2-d、2-dの場合は経度が2番目(右端)の次元であると仮定します。

引数 説明
lonsin 元の1-dまたは2-d経度。

データが与えられていれば、dataout、lonsout(データと経度が区間[lon_0-180、lon_0 + 180]に収まるようにシフトされます)を返し、そうでなければ経度を返します。変換された経度がマップ投影領域の外側にある場合、データはマスクされ、経度は1.e30に設定されます。

streamplot(x, y, u, v, *args, **kwargs)

ベクトルフローの流線を描画します。 (matplotlib.pyplot.streamplotのドキュメントを参照してください)。

latlonキーワードがTrueに設定されている場合、x、yは経度と緯度として度でintrepretedされます。データと経度は、円筒投影と擬似円筒投影のマップ投影領域に合わせて自動的にシフトされ、x、yはマップ投影座標に変換されます。 latlonがFalse(デフォルト)の場合、xとyはマップ投影座標と見なされます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の* argsと** kwargsはmatplotlib.pyplot.streamplotに渡されます。

tissot(lon_0, lat_0, radius_deg, npts, ax=None, **kwargs)

lon_0、lat_0の中央にポリゴンを描画します。ポリゴンは地球の表面上の円に近似し、半径radius_degは経度lon_0に沿った緯度であり、nptsの頂点で構成されています。ポリゴンはTissotの指標行列( http://en.wikipedia.org/wiki/Tissot's_Indicatrix )を表し、マップ上に描かれたときにマップ投影に固有の歪みを示します。

注意:
ポリゴンが地図投影ドメインの端と交差してから、ドメインに再入力する状況は処理できません。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

他の** kwargsはmatplotlib.patches.Polygonに渡されました。

matplotlib.patches.Polygonオブジェクトを返します。

transform_scalar(datin, lons, lats, nx, ny, returnxy=False, 
checkbounds=False, order=1, masked=False)

緯度/経度グリッドからの経度= lonsおよび緯度= latsのスカラーフィールド(datin)をnxのマップ投影グリッドで補間します。 imshow()を使用して地図上にプロットするための投影座標をマップするためにデータを変換するために一般的に使用されます。

引数 説明
datin lat / lonグリッドにデータを入力します。
lons, lats 昇順で入力データの経度と緯度(度)を含むrank-1配列。非円筒投影(cyl、merc、cea、gall、mill以外)の場合、lonsは-180〜180の範囲内に収まる必要があります。
nx, ny マッププロジェクション座標の出力正規グリッドのサイズ
Keyword Description
returnxy Trueの場合は、マップ投影グリッドのx値とy値も返されます(デフォルトはFalse)。
checkbounds Trueの場合、lonsとlatsの値がマップ投影領域内にあるかどうかがチェックされます。デフォルトはFalseで、マップ投影領域外のデータは境界上の値にクリップされます。
masked Trueの場合、補間されたデータはマップ投影領域外の値がマスクされたマスクされた配列として返されます(デフォルトはFalse)。
order 最近接補間の場合は0、双1次の場合は1、3次スプラインの場合は3(デフォルト1)。立方体スプライン補間にはscipy.ndimageが必要です。

データ出力(地図投影グリッド上のデータ)を返します。 returnxy = Trueの場合、データx、yを返します。

transform_vector(uin, vin, lons, lats, nx, ny, returnxy=False, 
checkbounds=False, order=1, masked=False)

lates / lonグリッドからベクトルフィールド(uin、vin)を回転させて、経度= lonsおよびlatitudes = latsからnx by nxマップ投影グリッドに補間します。

入力ベクトルフィールドは球座標(東と北の成分を持つ)で定義され、出力ベクトルフィールドは(xとyを基準にして)投影座標を写像するために回転します。ベクトルの大きさは保存されます。

引数 説明
uin, vin 緯度/経度グリッド上の入力ベクトルフィールド。
lons, lats 昇順で入力データの経度と緯度(度)を含むrank-1配列。非円筒投影(cyl、merc、cea、gall、mill以外)の場合、lonsは-180〜180の範囲内に収まる必要があります。
nx, ny マッププロジェクション座標の出力正規グリッドのサイズ
Keyword Description
returnxy Trueの場合は、マップ投影グリッドのx値とy値も返されます(デフォルトはFalse)。
checkbounds Trueの場合、lonsとlatsの値がマップ投影領域内にあるかどうかがチェックされます。デフォルトはFalseで、マップ投影領域外のデータは境界上の値にクリップされます。
masked Trueの場合、補間されたデータはマップ投影領域外の値がマスクされたマスクされた配列として返されます(デフォルトはFalse)。
order 最近接補間の場合は0、双1次の場合は1、3次スプラインの場合は3(デフォルト1)。立方体スプライン補間にはscipy.ndimageが必要です。

uout、vout(地図投影グリッドのベクトルフィールド)を返します。 returnxy = Trueの場合、uout、vout、x、yを返します。

warpimage(image='bluemarble', scale=None, **kwargs)

地図の背景として画像(ファイル名の画像キーワード)を表示します。 imageがURL(「http」で始まる)の場合、urllib.urlretrieveを使用して一時ファイルにダウンロードされます。

デフォルト(画像が指定されていない場合)は、http://visibleearth.nasa.gov/ の「青い大理石の次世代」画像を表示することです。

指定された画像は、始まりと-180W、南極の通常の緯度/経度グリッドで地球全体をカバーするピクセルを持たなければなりません。 http://earthobservatory.nasa.gov/Features/BlueMarble/BlueMarble_monthlies.php のグローバルイメージで動作します。

scaleキーワードを使用して、イメージをダウンサンプリング(再スケーリング)することができます。 1.0より小さい値は、画像の解像度を犠牲にして処理を高速化します。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

** kwargsがimshow()に渡されました。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

wmsimage(server, xpixels=400, ypixels=None, format='png', alpha=None, 
verbose=False, **kwargs)

Open Geospatial Consortium(OGC)標準インタフェースを使用してWMSサーバーからイメージを取得し、マップ上に表示します。 OWSLib(http://pypi.python.org/pypi/OWSLib )が必要です。このメソッドを使用するには、cyl投影が使用されていない場合(epsgコード4326が想定されている場合)、epsgキーワードを使用してマップ投影を定義するBasemapインスタンスを作成する必要があります。

Keywords Description
server WMS server URL.
xpixels 要求されたx方向の画像ピクセル数(デフォルトは400)。
ypixels 要求されたy方向の画像ピクセル数。デフォルト(なし)は、xpixelsからの数とマップ投影領域の縦横比を推測することです。
format 希望の画像フォーマット(デフォルト 'png')
alpha アルファブレンディング値は、0(透明)から1(不透明)(デフォルトなし)の間です。
verbose Trueの場合、WMSサーバー情報を表示します(デフォルトはFalse)。
**kwargs 余分なキーワード引数はOWSLib.wms.WebMapService.getmapに渡されます。

余分なキーワードaxを使用して、デフォルトの軸インスタンスを上書きすることができます。

matplotlib.image.AxesImageインスタンスを返します。

mpl_toolkits.basemap.addcyclic(*arr, **kwargs)

経度の循環(折り返し)点を1つまたは複数の配列に追加します。最後の配列は度単位の経度です。例えば
data1out, data2out, lonsout = addcyclic(data1,data2,lons)

Keywords Description
axis 経度を表す次元(デフォルト-1、または最右端)
cyclic 周期ドメインの幅(デフォルトは360)
mpl_toolkits.basemap.interp(datain, xin, yin, xout, yout, checkbounds=False, masked=False, order=1)

直線のグリッド(x = xin y = yin)上のデータ(datain)を、x = xout、y = youtのグリッドに補間する。

引数 説明
datain yに対応する第1次元、第2次元xを有する階数2の配列。
xin, yin 昇順にdatainグリッドのxとyを含むrank-1配列。
xout, yout 所望の出力グリッドのxとyを含むランク2の配列。
Keywords Description
checkbounds Trueの場合、xoutとyoutの値がxinとxinで指定された範囲内にあることが確認されます。 False、xout、youtがxin、yinの外側にある場合、補間された値は入力グリッドの境界上の値にクリップされます(xin、yin)。デフォルトはFalseです。
masked Trueの場合、xinとyinの範囲外の点は(マスクされた配列内で)マスクされます。 maskedが数値に設定されている場合、xinとyinの範囲外の点はその数に設定されます。デフォルトはFalseです。
order 最近接補間の場合は0、双線形補間の場合は1、公式スプラインの場合は3(デフォルトは1)。注文= 3にはscipy.ndimageが必要です。

注意:
datainがマスクされた配列でorder = 1(双線形補間)が使用されている場合、datainの4つの周辺ポイントのいずれかがマスクされていれば、dataoutの要素はマスクされます。これを避けるには、最初にorder = 1(dataout1を生成)、order = 0(dataout2を生成する)の2つのパスで補間を行います。次に、dataout1のマスクされたすべての値をdataout2の対応する要素に置き換えます(numpy.whereを使用)。これは、datainの4つの周囲の点のいずれかがマスクされている場合は、最近傍の補間を効果的に使用し、それ以外の場合は双一次補間を使用します。

データ出力、グリッド上の補間データxout、youtを返します。

mpl_toolkits.basemap.maskoceans(lonsin, latsin, datain, inlands=True, resolution='l', grid=5)

水面上の点がプロットされないように、緯​​度latsin経度lonsinを持つグリッド上に定義されたマスクデータ(datain)。

引数 説明
lonsin, latsin グリッドの経度および緯度を含むランク2の配列。
datain lonsinとlatsinによって定義されたグリッド上のrank-2入力配列。
inlands Falseの場合、内陸の湖ではなく海洋地点のみをマスクします(デフォルトはTrue)。
resolution gshhs陸地/海のマスクを定義するために使用される海岸線の解像度(デフォルト 'l'、利用可能な 'c'、 'l'、 'i'、 'h'または 'f')
grid 陸地/海のマスクグリッドの間隔(分単位)(デフォルトは5,10,2.5,1.25も可能)。

マスクされた「ウェット」点を持つdatainと同じ形のマスクされた配列を返します。

mpl_toolkits.basemap.shiftgrid(lon0, datain, lonsin, start=True, cyclic=360.0)

グローバル緯度/経度グリッドを東または西にシフトします。

引数 説明
lon0 シフトされたグリッドの経度を開始します(start = Falseの場合は経度を終了します)。 lon0は入力グリッド上になければなりません(lonsinの範囲内)。
datain 経度が最も右側の元のデータ。
lonsin 元の経度。
Keywords Description
start Trueの場合、lon0は新しいグリッドの開始経度を表します。 Falseの場合、lon0は終了経度です。デフォルトはTrueです。
cyclic 周期ドメインの幅(デフォルトは360)

データアウト、lonsout(シフトグリッドのデータと経度)を返します。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away