Help us understand the problem. What is going on with this article?

Basemapでシェープファイルを扱う(翻訳)

More than 1 year has passed since last update.

英文
Working with shapefiles
https://basemaptutorial.readthedocs.io/en/latest/shapefile.html
をGoogle翻訳で翻訳したもの。

シェープファイルを扱う

Basemapがベクトルファイルを処理する方法は、他のライブラリとはまったく異なるため、注意が必要です。

基本的な使い方

シェープファイルをプロットする最も簡単な方法から始めましょう。

sample.py
from mpl_toolkits.basemap import Basemap
import matplotlib.pyplot as plt

map = Basemap(llcrnrlon=-0.5,llcrnrlat=39.8,urcrnrlon=4.,urcrnrlat=43.,
             resolution='i', projection='tmerc', lat_0 = 39.5, lon_0 = 1)

map.drawmapboundary(fill_color='aqua')
map.fillcontinents(color='#ddaa66',lake_color='aqua')
map.drawcoastlines()

map.readshapefile('../sample_files/comarques', 'comarques')

plt.show()

fuyou.png

・最初のパラメータshapefile名は、shp拡張子を付けずに指定する必要があります。 ライブラリは、すべてのshp、sbf、およびshxファイルがこの名前で存在することを前提としています。
・2番目のパラメータは、後で説明するように、Basemapインスタンスからシェープファイル情報に後でアクセスするための名前です。

いくつかの制限があります。

・ファイルはEPSG:4326、つまり緯度/経度座標でなければなりません。 あなたのファイルがそうでなければ、あなたはそれを変換するためにogr2ogrを使うことができます
・要素は2次元だけでなければならない
・この例は、要素がポリゴンまたはポリラインの場合にのみ表示されます。

画像が示すように、結果はポリゴン(またはポリライン)の境界線だけになります。 それらを埋めるために、最後のセクションを見てください。

ポイントデータを読む

点のプロットはもう少し複雑です。 まず、シェープファイルが読み込まれ、次に散布図、プロット、またはニーズに合ったmatplotlib関数を使用して点がプロットされます。

sample_1.py
from mpl_toolkits.basemap import Basemap
import matplotlib.pyplot as plt

map = Basemap(llcrnrlon=-0.5,llcrnrlat=39.8,urcrnrlon=4.,urcrnrlat=43.,
             resolution='i', projection='tmerc', lat_0 = 39.5, lon_0 = 1)

map.drawmapboundary(fill_color='aqua')
map.fillcontinents(color='#ddaa66',lake_color='aqua')
map.drawcoastlines()

map.readshapefile('../sample_files/comarques', 'comarques')

lightning_info = map.readshapefile('../sample_files/lightnings', 'lightnings')

print lightning_info

for info, lightning in zip(map.lightnings_info, map.lightnings):
    if float(info['amplitude']) < 0:
        marker = '_'
    else:
        marker = '+'
    map.plot(lightning[0], lightning[1], marker=marker, color='m', markersize=8, markeredgewidth=2)

plt.show()

この例は、嵐の間にカタルーニャの上に落ちた雷を示しています

fuyou1.png

・2番目のパラメーターはlightnings、およびBasemapインスタンスマップという名前が付けられているため、形状ファイル要素は、ジオメトリにはmap.lightningsを、要素フィールドにアクセスするにはmap.lightnings_infoを使用してアクセスできます
・shapefileメソッドは、要素数、 ここで定義されたコードを持つジオメトリタイプ、およびバウンディングボックスを含むシーケンスを返します。

・行17は、すべての要素を繰り返すための考えられる方法を示しています

○zipは各ジオメトリとそのフィールド値を結合します
○辞書を繰り返すときのように、各要素をforで繰り返すことができます。

・この例では、振幅という名前のフィールドを使用して、稲妻が正または負の電流を持っているかどうかを推測し、それぞれの場合に異なる記号を描画することができます。
・シンボルを変更するためにmarker属性を使用して、メソッドplotで点をプロットします

ポリゴン情報

この例では、shapefile属性を使用していくつかの形状のみを選択する方法を示します。

test.py
from mpl_toolkits.basemap import Basemap
import matplotlib.pyplot as plt

map = Basemap(llcrnrlon=-0.5,llcrnrlat=39.8,urcrnrlon=4.,urcrnrlat=43.,
             resolution='i', projection='tmerc', lat_0 = 39.5, lon_0 = 1)

map.drawmapboundary(fill_color='aqua')
map.fillcontinents(color='#ddaa66',lake_color='aqua')
map.drawcoastlines()

map.readshapefile('../sample_files/comarques', 'comarques', drawbounds = False)

for info, shape in zip(map.comarques_info, map.comarques):
    if info['nombre'] == 'Selva':
        x, y = zip(*shape) 
        map.plot(x, y, marker=None,color='m')
plt.show()

fuyou2.png

・すべての要素を繰り返すには、最後の例のようにzipを使用します。
・フィルタリングに使用できる 'nombre'というフィールドがあります。 この例では、値「Selva」のみが選択されています
・線をプロットするには、x座標とy座標を別々の配列にする必要がありますが、ジオメトリは各点を対として与えます。 それを行う方法についての説明があります 'ここhttp://stackoverflow.com/questions/13635032/what-is-the-inverse-function-of-zip-in-python' _
・形状はplotメソッドを使用してプロットされ、マーカーを削除して線のみを取得します

塗りつぶしポリゴン

シェイプファイルをプロットする基本的な方法は、これがシェイプタイプの場合、ポリゴンを塗りつぶさないことです。 これを行う方法は次のとおりです。

test.py
from mpl_toolkits.basemap import Basemap
import matplotlib.pyplot as plt
from matplotlib.patches import Polygon
from matplotlib.collections import PatchCollection
from matplotlib.patches import PathPatch
import numpy as np

fig     = plt.figure()
ax      = fig.add_subplot(111)

map = Basemap(llcrnrlon=-0.5,llcrnrlat=39.8,urcrnrlon=4.,urcrnrlat=43.,
             resolution='i', projection='tmerc', lat_0 = 39.5, lon_0 = 1)

map.drawmapboundary(fill_color='aqua')
map.fillcontinents(color='#ddaa66',lake_color='aqua')
map.drawcoastlines()

map.readshapefile('../sample_files/comarques', 'comarques', drawbounds = False)

patches   = []

for info, shape in zip(map.comarques_info, map.comarques):
    if info['nombre'] == 'Selva':
        patches.append( Polygon(np.array(shape), True) )

ax.add_collection(PatchCollection(patches, facecolor= 'm', edgecolor='k', linewidths=1., zorder=2))

plt.show()

fuyou3.png

・matplotlibは、PatchCollectionと呼ばれるクラスを使用します。これは、公式のドキュメントで説明されているように、塗りつぶされたポリゴンを追加するために設定されたセットです。
・この場合、形状はPolygon型です。 それを作成するために、座標はでこぼこの配列になければなりません。 2番目の引数は、閉じるポリゴンを設定します。

私はStackOverflowでそれを行う方法を学びました

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away