Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
53
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@ty-edelweiss

プログラミング言語の人気

More than 3 years have passed since last update.

日本でプログラミング言語を勉強し,書く上でQiitaに触れる機会は多い.
たくさんのご指摘を頂いたので記事を少し修正した.まず 人気=記事数 の方程式は確かに成立しないあくまでの学習の参考文献などが多く学びやすいなどの解釈で,プログラミング言語学習の参考にして欲しいと思う.

日本のトレンド言語ランキング

自分が最初にプログラミング言語を学んだ時に,何を学ぶかで悩んだことを思いだしたのでプログラミング言語のトレンドを調べるためにQiitaでの記事数を基にランキング化した.
調査するプログラミング言語の選定基準としては,主要プログラミング言語(Java,Cなど)と注目されているプログラミング言語(Go,Rustなど)を主観的に決めた.

figure_1.png

結果として1位と2位はJavaScriptとRubyになった.JavaScriptは近年急速な発展をしていることからも予想通りだと思う.Rubyに関しては日本製であることが強く影響してると考えられる.Pythonは日本で採用してる企業は少ないと思っていたが人気はあることが伺える.
後,注目できるのはSwiftの注目度の高さだと思う.2014年に発表されてからまだ3年でこの記事の数である.

現在までの記事数のランキングのみでは言語のトレンドはわからないとのご指摘頂きました.
確かにその通りだと思うので,そこでトレンドをより鮮明にするために,去年1年間での記事投稿数の変化をグラフにした.

figure_2.png

これでより鮮明な言語の日本におけるトレンドが明らかになったと思う.顕著に見えるのはPythonの人気の高さで,これは近年の機械学習などへの関心の高さが起因していると思われる.
また加えて,Objective-CがSwiftの台頭により関心の減少が顕著であるのが見て取れる.

世界のトレンド言語ランキング

前述までで,Qiitaの記事数からトレンドとなる言語調べてみた.そこで,世界のトレンドについても考えてみた.日本がQiitaなら世界はStackOverFlowかなと思ったので同様にランキング化してみたのでこちらも参考に.

figure_1.png

StackOverFlowはQiitaよりも歴史が長く記事数も多いため古くから存在する主要言語が上位を占める結果となった.個人的には贔屓のJavascriptがまた1位で関心度の高さを感じた.
前述の日本ランキングと同様に,去年1年における各言語に対する質問数の変化をランキング化した.

figure_3.png

日本と比較するとRなどが高い伸び率を記録していることがわかる.また依然としてPythonは伸び率が高くSwift,Goなども注目されている言語と言えるだろう.

53
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
53
Help us understand the problem. What is going on with this article?