cloudfoundry
Pivotal
PCF

PCF DevをWindowsで使ってみる Part-2

はじめに

PCF DevをWindowsで使ってみる Part-1の続きです。

1. 前提

以下の環境で動作した内容を記述しています。

Windows 10 Home (64bit)
VirtualBox 5.2
cf-cli-installer_6.32.0_winx64
pcfdev-v0.28.0+PCF1.11.0-windows
JDK 1.8 *サンプルアプリのBuildで使用

2. サンプルアプリをビルド

githubからサンプルアプリを取得

>git clone https://github.com/cloudfoundry-samples/spring-music

PCF Devにログイン

> cf login -a api.local.pcfdev.io --skip-ssl-validation
API endpoint:  api.local.pcfdev.io   
Email>     user
Password>  pass

サンプルアプリのフォルダに移動しビルド

> cd .\spring-music
> .\gradlew.bat assemble

image.png

3.サンプルアプリをデプロイ

PDC DEVにpush

> cf push --hostname spring-music

image.png

image.png

4.サンプルアプリにアクセス

ブラウザでhttp://spring-music.local.pcfdev.io/にアクセス
image.png

5.ログを確認

直近のスナップショット

> cf logs spring-music --recent

image.png

ストリームログ(ブラウザでリロードするとログが表示されます)

> cf logs spring-music

image.png

6.データベースをバインド

今の状態だとデータはメモリーに格納されるので、変更したデータは保存できません。ブラウザ画面右上のInfoアイコンをクリックすると状態が見れます。
image.png

早速データベースをバインドしてみます。mysqlを使いますがリストしてみると512mbと1gbのものがマーケットプレイスにあるようです。今回は512mbのものを使います。

> cf marketplace -s p-mysql
> cf create-service p-mysql 512mb my-spring-db
> cf bind-service spring-music my-spring-db

image.png

バインドがうまくいったらアプリを再起動し、バインド状況を確認します。

> cf restart spring-music
> cf services

image.png

ブラウザ画面でも確認。
image.png

7.アプリをスケールアウト、スケールアップする

インスタンスを2つに増やし、状態を確認。

> cf scale spring-music -i 2
> cf app spring-music

image.png

メモリとディスクを増やす(失敗)

> cf scale spring-music -m 1G
> cf scale spring-music -k 512M

※非力なマシンでスケールアップは耐えられず、コンソールにログインしてみたところアプリがクラッシュしていました。残念、、、
image.png

参考ページ

https://pivotal.io/platform/pcf-tutorials/getting-started-with-pivotal-cloud-foundry-dev/deploy-the-sample-app
https://pivotal.io/platform/pcf-tutorials/getting-started-with-pivotal-cloud-foundry-dev/view-the-logs
https://pivotal.io/platform/pcf-tutorials/getting-started-with-pivotal-cloud-foundry-dev/connect-a-database
https://pivotal.io/platform/pcf-tutorials/getting-started-with-pivotal-cloud-foundry-dev/scale-the-app