Edited at

メモ: Gitリモートリポジトリにpushして自動更新してもらう方法

More than 1 year has passed since last update.


リポジトリの新規作成


1. サーバーでbareリポジトリを作成


bareリポジトリを作成

# mkdir -p /opt/repo/src.git

# cd /opt/repo/src.git
# git init --bare


2. サーバーでbareリポジトリをclone


リポジトリのクローンを作成

# cd /opt

# git clone /opt/repo/src.git


3. ローカルでサーバーのbareリポジトリをclone


リポジトリのclone

# git clone ssh://192.168.11.11/opt/repo/src.git



4. ローカルでなにかコミットする


何かファイルを作ってコミットしておく。

# cd src

# date > memo.txt
# git add memo.txt && git commit -m "memo"


5. ローカルでサーバーにpush


リモートリポジトリにpush

# git push --all



自動更新用にHookスクリプトを作成


1. サーバーで作業

# cd /opt/repo/src.git/hooks/

# cp -a post-receive.sample post-receive


2. サーバーでpost-receiveを編集


post-receive

+ cd /opt/src

+ git --git-dir=.git pull


3. ローカルからサーバーにコミットをpushする


何かファイルを作ってコミットしておく。

# echo "hoge" > memo.txt

# git add memo.txt && git commit -m "hoge"


リモートリポジトリにpush

# git push



4. 変更を確認する

これで、/opt/src/memo.srcの内容が自動で更新される。