時刻問い合わせに応答する (/etc/ntp.conf)

  • 0
    Like
  • 0
    Comment

    参考

    設定

    • 192.168.0.0/24 からの 時刻問い合わせに応答例。上から順に適用されるようなので、一番下に記述。
    /etc/ntp.conf
      # By default, exchange time with everybody, but don't allow configuration.
      restrict -4 default kod notrap nomodify nopeer noquery
      restrict -6 default kod notrap nomodify nopeer noquery
    
      # Local users may interrogate the ntp server more closely.
      restrict 127.0.0.1
      restrict ::1
    
      # Clients from this (example!) subnet have unlimited access, but only if
      # cryptographically authenticated.
      #restrict 192.168.123.0 mask 255.255.255.0 notrust
      #restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 noquery nomodify nopeer notrust notrap
    + restrict 192.168.0.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
    

    注意点

    • ntpサーバー機の設定を変更した後、ntpクライアント機のntpを再起動する必要があった(?)。
    • restrictは何もせずとも時刻問い合わせに応答するっぽい(?未確認)

    ntpq -p の記号

    *   参照同期中のサーバーを表している
    +   クロック誤り検査に合格したサーバー
    #   参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー
        左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない
    x   クロック誤り検査に不合格となったサーバー
    .   参照リストから除外されたサーバー
    refid   上位NTPサーバーが参照しているホスト名 or IPアドレス
    st  上位NTPサーバーの階層
    t   階層のタイプ l:localu:unicastm:multicastb:broadcast
    when    最後のパケットを受け取ってからの時間(秒)
    poll    問い合わせを行う間隔(秒)
    reach   到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数)
    delay   推定遅延(ミリ秒)
    offset  偏差補償(ミリ秒)
    jitter  RMS Jitterの平均値(ミリ秒)