OSX

El CapitanのSystem Integrity Protection(rootless)の解除方法

More than 1 year has passed since last update.

Mac OS X 10.11 El Capitan の最新機能System Integrity Protectionが原因でルート権限での編集が必要なファイルの編集ができなくなりました。

例えば、以下のようなディレクトリー内の変更ができなくなりました。

/System
/bin
/usr
/sbin

変更しようとすると「Operation not permitted」というメッセージが表示されます。

System Integrity Protectionの機能(以下、SIP)をオフにする方法があったので以下にメモ。

必要な作業はリカバリーモードのターミナルで「csrutil disable」と入力すること。

  1. Command+Rを押しながらMACを再起動でリカバリーモード起動

2.トップメニューから「ユーティリティー>ターミナル」と選んでターミナルを起動

3.csrutil disableというコマンドを実行

4.MACを再起動

5.ターミナルで「csrutil status」というコマンドを実行
SIP変更が完了していれば「System Integrity Protection status: disabled.」と表示されます。

これで完了。冒頭で挙げたようなディレクリ内での変更が可能になります。

System Integrity Protectionは、そもそもマルウェアからの攻撃をかわすためのセキュリティ機能のようなので不用意に設定をオフにするのは推奨されません。くれぐれも自己責任での実行をお願いします。