Help us understand the problem. What is going on with this article?

Go言語のプログラムをgitで管理する時に便利なこと

More than 5 years have passed since last update.

Go言語のプログラムをgithubなどにpushする前に必要なことは?

Go言語のプログラムを編集した後、git pushする前にやっておかないといけないのが、go fmtとgo vetですね。正直、私も毎回忘れてしまうんですね。ということで、gitのpre-commitフックを使って、commit前に自動的にやってくれるようにしてみました。

今回のコード

.git/hooks/pre-commit
#!/bin/sh
DIR="<your golang project path>"
PKG=("controller" "model" "body")
ret=0

for name in ${PKG[@]}
do
    goapp fmt ${DIR}/${name}
    ret=$?
    if [ $ret != 0 ]
    then
        exit $ret
    fi

    goapp vet ${DIR}/${name}
    ret=$?
    if [ $ret != 0 ]
    then
        exit $ret
    fi
done

exit $ret

ソースコードは、goappコマンドを使っていますので、GAE/Goのプロジェクトで利用していますが、goのプロジェクトの時は、goコマンドに変更すれば問題なく利用できます。

忘れないように!

私はずっと忘れていました。実行権限をつけることを…。

コマンド
chmod +x .git/hooks/pre-commit

実行権限がないと実行しないようなので、ちょっと残念でした。
(権限チェックとかしてくれないんだろうか…)

導入後

かなり便利になりました。見落としていた所をWarningをだしてくれるので、全て修正してからcommitをすることができるようになりました。
これで、コードの書き方とかで問題が出ることは無くなりそうです(?)

問題点

  • 毎回、.git/hooks/pre-commitを作らないといけないこと。これはしかたがないかな…?
  • go fmtもgo vetもビルド可能なgoファイルがないと実行できないので、パッケージ(ディレクトリ名)を列挙しないといけない。ちょっと面倒かも?
  • チーム開発になったら、全員に配布されるんだろうか…?

Disclaimer

  • この記事は個人的なものです。私の雇用者とは全く関係はありません。(一応つけておきます)
ttyokoyama
GDG Okayama Organizer たまにGoogle関連の技術の事を投稿しています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした