Help us understand the problem. What is going on with this article?

【TIPS】SQL Server Expressに接続できない

More than 1 year has passed since last update.

Note: 本記事は、2018年11月時点の内容です。

【Q】SQL Server ExpressにLocalからは接続できるが、同一ネットワーク上の別マシンから接続できない。なんで?

  • なお、Azure上の仮想マシンにインターネット越しに接続できない方は、↓こちらをおすすめします。

Azure での SQL Server 仮想マシンへの接続

Qiita : 【備忘録】SQLServerの名前付きインスタンスに外から接続したい

【A】名前付きインスタンスだとポートが1433ではなく、動的ポートになる。それに応じてやることがいくつかあるので注意。

  • 名前付きインスタンスでポートを1433に固定することができるが、アクセス時にポート付きでアクセスすることになる

  • ポート付きでのアクセスだと困るケースがあり、動的ポートのままポートなしでのアクセスを可能とする手順を以降に紹介する。

  • ポイントは、SQL Server Configuration Managerとファイヤーウォール設定。

作業の手順

  1. 事前設定確認
  2. SQL Server Configuration Managerの起動
  3. TCP/IPの有効化
  4. Firewall設定の変更
  5. SQL Server Browserの起動
  6. SQL Serverの再起動

【手順1】事前設定確認

  • SQL Server Management Studio にて、以下の設定を済ませておく
    • SQL Server混合認証モード に変更
    • リモート接続を許可する をONにする

【手順2】SQL Server Configuration Managerの起動

  • 対象のマシンにログインして、SQL Server Configuration Managerを起動する

【手順3】TCP/IPの有効化

  • SQL Server Configuration ManagerでTCP/IP機能を有効化(Enable)する
    • 左ツリービューで[SQL Server Network Configuration] > [Protocols for XXX]を選択
    • 右の一覧の[TCP/IP]を右クリック。Enable を選択

【手順4】Firewall設定の変更

  • Windows Firewallの詳細設定を開く

    • [コントロールパネル] > [Windows Defender ファイヤーウォール] > [詳細設定]
  • SQL Server Expressを許可する設定を行う(動的ポートなので、プログラム指定で行う)

    • 新しい規則 をクリック
    • プログラム を選択して、次へ を押下
    • このプログラムのパス を選択して、sqlserver.exe を選択し、(インストールしたパスのbinnを探す)次へ を押下
    • 接続を許可する を選択して、、次へ を押下
    • ドメイン プライベート パブリック をチェックして、次へ を押下
    • 名前 を入力して、完了 を押下(名前は、MS_SQLなど任意)
  • SQL Server Browserを許可する設定を行う(Port1434のUDPを許可する)

    • 新しい規則 をクリック
    • ポート を選択して、次へ を押下
    • UDP を選択して、特定のローカルポート1434を入力。次へ を押下
    • 接続を許可する を選択して、、次へ を押下
    • ドメイン プライベート パブリック をチェックして、次へ を押下
    • 名前 を入力して、完了 を押下(名前は、MS_SQL_BROWSERなど任意)

【手順5】SQL Server Browserの起動

  • SQL Server Configuration ManagerからSQL Server Browser が起動していない場合は、起動する

【手順6】SQL Serverの再起動

  • SQL Server Configuration ManagerからSQL Server を再起動する
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away