ほとんどアクセスのない個人開発サービスがAWSに月額いくら払っているか全て公開します


はじめに

「AWSって結局いくらかかるの?」

これが結構見積もりが難しい問題で、ざっくりAWSのようにざっくり見積もれるサービスが登場したのはその見積もりの難しさから来ていると思う。

個人的に開発しているwebサービスをAWSで公開してからしばらくたって、月の料金が安定しているので、ここで公開してみる。

しょっぼいwebサービスを公開したいけど、AWSだといくら掛かるのかなー?という方に向けて書いているので、「herokuなら無料だぜ!もしくは7ドルだぜ!」とかいう話ではないです。


サービス概要

公開したサービスはこちら。

https://uwaoe.net

html5のcanvas機能を利用してブラウザ上でお絵かきすることができて、他の人が描いた絵にうわがき(というか落書き)することができる。

サーバはRuby on Rails、フロントはVue.jsで作った。

利用ユーザは2人。

たった2人!!

これはストレージ的にもアクセス数的にも安上がり!!!


料金内訳

AWSコンソールのコストエクスプローラから、半年間の支払い金額を取得した。

EC2 ELB
EC2 インスタンス
EC2 その他
税金
Route 53
S3
CloudFront
合計

2019-01-01
18.08
11.31
3.60
2.68
0.50
0.02
0.01
36.20

2019-02-01
16.33
10.21
3.60
2.46
0.50
0.02
0.02
33.14

2019-03-01
18.08
11.31
3.60
2.68
0.50
0.02
0.01
36.20

2019-04-01
17.50
10.92
3.60
2.60
0.50
0.02
0.01
35.15

2019-05-01
18.08
11.31
3.60
2.68
0.50
0.02
0.01
36.20

2019-06-01
17.50
10.94
3.60
2.61
0.50
0.02
0.01
35.18

※ 単位は$

※ 見易さのために少数第3位を四捨五入しています


EC2 ELB

平均 $17.595(ドル円108円として約1900円

EC2インスタンスは1台しか使ってないのだけど、ELBで簡単にhttpsを使いたかったので導入。

結構する。httpsにしたいだけなので、Let's Encryptとか使ってEC2に直接証明書をインストールしたほうが安上がりだったかな。

初回12ヶ月間は1台分無料だけど、無料期間は切れているため課金。


EC2 インスタンス

平均 $11.000(ドル円108円として約1188円

インスタンスはt2.microが1台。t3ではない。

microインスタンスには、初回12ヶ月は1台分が無料というキャンペーンがあるんだけど、12ヶ月間の無料期間は過ぎているためお金がかかっている。


EC2 その他

平均 $3.600(ドル円108円として約389円

EBSの料金ぽい。

SSD30Gを使っているので計算は$0.12 * 30

空きがめっちゃあるのでもっと少なくてもいけそう。


Route 53

平均 $0.500(ドル円108円として約54円

uwaoe.netのドメインを登録している。

リクエスト数で料金が上がるらしいが、現状やっすいので、金額的には気にならないレベル。


S3

平均 $0.020(ドル円108円として約2円

おえかきされた絵やアップロードされたユーザのアバターを保存している。

put系の書き込みリクエストが1000件、get系の取得リクエストが45000件、データ送料が 50MB程度なので大したことがない。

rails側で画像のサムネイルを何種類か作成してS3に上げたり、画像アップロード用のgemのshrineがキャッシュをS3に作りまくったりしているけど、軽い。

現状やっすいので、誤差レベル。

関係ないけど、gem shrineはBase64エンコードされた画像を簡単に扱えるので、canvasの画像を扱いたい場合におすすめ。


Coundfront

平均 $0.012(ドル円108円として約1円

t2.microサーバから画像配信するのは不安があったので、画像の配信にはCloudfrontを使用するようにした。

現状やっすいね。


RDS

使ってない。

節約のためにEC2インスタンスにmysql-serverを入れちゃったのだけど、メモリが足りなくて辛い。

t2.microってメモリ0.5Gじゃん? mysqldがメモリを160MB使っていて、railsを動かしているpumaサーバが180MB使っている。その他サービスで使われているメモリもありで、デプロイを実行するメモリが足りない。デプロイする時、assets:precompileのたびにメモリが足りなくてアプリケーションサーバが死ぬというカッコいい状態になっている。


CloudWatch

使ってない。

別にサービスが何時間止まろうが困らないし・・。


SES

使ってるけど0円。

月62,000件までは0円らしい。


合計

平均 $35.345(ドル円108円として約3817円


おわりに

月3800円。上で書いたようにALBが無駄っぽいので月2000円ぐらいまで節約できると思う。

今の所、広告や課金要素は全く無いので完全赤字になっているが、趣味として見たら安い。

AWSには初回12ヶ月無料なことがいっぱいあって、1年間であれば次の構成が無料にできそう。

* EC2 microインスタンス1つ

* ALB 1つ

* RDS microインスタンス1つ

新規に個人開発のサービス公開を目論んでいる方は、AWSもインフラの候補にしてみてはどうだろうか。