Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vue CLI 3でsrcパスの変更方法

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Vue CLI 3がリリースされ、2から乗り換えを検討するため、いろいろと検証した中でsrcのパスを標準のパス「{project_root}/src」から別の場所に変更しようとしてはまったので、解決方法をメモしておきます。(webpackに慣れている人なら何でもない事なんでしょうが、、)

環境

  • Vue CLI: 3.01
  • Typescript: 3.0.1

パス構成

デフォルト 変更後
1 ソースルート src/ src/main/client/
2 出力先ルート dist/ src/main/resources/static/
3 index.htmlテンプレート public/index.html src/main/client/public/index.html

spring bootとの連携するためのフォルダ構成になっています。

手順

@vue/cliのインストール、プロジェクトの生成についてはここでは記載しません。

@nunulkさんの記事が参考になります。
Vue CLI 3.0 で TypeScript な Vue.js プロジェクトをつくってみる

1. vue.config.jsの作成

プロジェクトルート直下にvue.config.jsを作成します。

vue.config.jsの詳細については下記を参照してください。
Vue CLI 3 Configuration Reference

const path = require('path')

module.exports = {
    configureWebpack: {
        resolve: {
          alias: {
            '@': path.join(__dirname, '/src/main/client') // 1. @の参照先の変更
          }
        }
    },
    outputDir: 'src/main/resources/static', // 2. 出力先
    pages: {
        index: {
            entry: 'src/main/client/main.ts', // エントリーポイント
            template: 'src/main/client/public/index.html', //3. index.htmlテンプレート
            filename: 'index.html' // 省略可
        }
    }
}

2.tsconfig.jsonの編集

...
// pathsの編集
"paths": {
      "@/*": [
        // "src/*"
        "src/main/client/*"
      ]
    },

...
// includeの編集
// src/** ..の部分を変更後のパスに書き換える
"include": [
    "src/main/client/**/*.ts",
    "src/main/client/**/*.tsx",
    "src/main/client/**/*.vue",
    "test/main/client/**/*.ts",
    "test/main/client/**/*.tsx"
],

以上です。

まとめ

簡単な設定変更なのかもしれませんが、数時間悩みました。
私自身フロントエンドのビルドツールはまだまだ経験がありませんので、間違いがあればご指摘いただけると幸いです。

この次はspring boot 2(+ kotlin) + gradle + vue cli3( + typescript + scss)あたりで環境構築についての記事が書けたらいいなと思います。

tsuyoz
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした