Help us understand the problem. What is going on with this article?

初めての Vagrant + Chef zero + Berkshelf

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

Macでローカルのテスト環境を自動構築したいなーと思い、手を出してみました。
初心者なので、できる限りシンプルな構成で、とりあえず試してみることにします。

事前準備

まずはインストール

必要な Vagrant プラグインをインストールしておく

$ vagrant plugin install vagrant-omnibus
$ vagrant plugin install vagrant-chef-zero
$ vagrant plugin install vagrant-vbox-snapshot
  • vagrant-omnibus:ゲスト OS に Chef をインストールするために必要なプラグイン
  • vagrant-chef-zero:Vagrant から Chef Zero Server を起動するためのプラグイン
  • vagrant-vbox-snapshot:Vagrant のスナップショットを管理するプラグイン

構築してみる

VagrantFile の作成

まずは、ひな形を作成します。
今回は、短時間で仮想環境を作りたいので、Box と呼ばれる仮想マシンのベースイメージの CentOS6.4 を使うことにしました。

$ mkdir test_centos64
$ cd test_centos64
$ vagrant init test_centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20131103.box

そうすると Vagrantfile が作成され、中身はこんな感じになります。

Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  ・・・
  config.vm.box = "test_centos64"
  config.vm.box_url = "http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20131103.box"
  ・・・
end
  • config.vm.box:自分の box の名前として box の内容が分かるような文字列を指定します。
  • config.vm.box_url:Box の URL を指定します。
    参照:http://www.vagrantbox.es/

これらの記述があると、ローカルの Box に"test_centos64"という Box がある場合、ローカルの Box が使われ、存在しない場合は、指定した URL から Box をダウンロードし、ローカルに配置してくれます。

続いて、Vagrantfile にプライベートネットワークの設定します

Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  ・・・
  config.vm.network :private_network, ip:"192.168.33.20"
  ・・・
end

これは別に設定しなくてもいいけど、把握しておきたいので、適当に。

ここまできたら、一度仮想マシンが起動できるか確かめてみます。

$ vagrant up

起動できたら、ゲスト OS に接続してみます

$ vagrant ssh

無事に接続OK!
問題なく接続できたら、ゲスト OS からログアウトしておきます。

いろいろ試すためにも Vagrant のスナップショットとっておく

初期状態をスナップショット。これで困ったら初期状態に戻せます。

# スナップショット作成
$ vagrant snapshot take test_centos64-init
# 確認
$ vagrant snapshot list

ゲスト OS にChefをインストール

Vagrantfile に最新バージョンをインストールするように下記設定を追加

Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  ・・・
  config.omnibus.chef_version=:latest
  ・・・
end

起動中のゲスト OS に provisioners を実行

$ vagrant provision

Chef 設定ファイルの作成

とりあえずファイルの雛形を生成します。

$ chef generate repo chef-repo
$ tree
.
├── Vagrantfile
└── chef-repo
    ├── LICENSE
    ├── README.md
    ├── Rakefile
    ├── certificates
    │   └── README.md
    ├── chefignore
    ├── config
    │   └── rake.rb
    ├── cookbooks
    │   └── README.md
    ├── data_bags
    │   └── README.md
    ├── environments
    │   └── README.md
    └── roles
        └── README.md

Berksfile を作成

Berkshelf を使って cookbook を管理するために Berksfile というファイルを新規に作成します。

$ cd chef-repo
$ vi Berksfile

今回はお試しということで、github 上に公開されている timezone を変更する cookbook を利用してみます。1

Berksfile
source "https://supermarket.chef.io"

cookbook 'timezone-ii', git: "https://github.com/L2G/timezone-ii.git"

cookbooks 配下に cookbook をインストールします。

$ berks vendor cookbooks
$ cd ..
$ tree
.
├── Vagrantfile
└── chef-repo
    ├── Berksfile
    ├── Berksfile.lock
    ├── LICENSE
    ├── README.md
    ├── Rakefile
    ├── certificates
    │   └── README.md
    ├── chefignore
    ├── config
    │   └── rake.rb
    ├── cookbooks
    │   └── timezone-ii
    │       ├── Gemfile
    │       ├── Gemfile.lock
    │       ├── LICENSE
    │       ├── README.md
    │       ├── Thorfile
    │       ├── attributes
    │       │   └── default.rb
    │       ├── chefignore
    │       ├── files
    │       │   └── default
    │       │       └── tests
    │       │           └── minitest
    │       │               └── default_test.rb
    │       ├── metadata.json
    │       ├── recipes
    │       │   ├── amazon.rb
    │       │   ├── debian.rb
    │       │   ├── default.rb
    │       │   ├── fedora.rb
    │       │   ├── linux-generic.rb
    │       │   ├── pld.rb
    │       │   ├── rhel.rb
    │       │   └── rhel7.rb
    │       ├── spec
    │       │   ├── attributes_spec.rb
    │       │   ├── recipes
    │       │   │   ├── amazon_spec.rb
    │       │   │   ├── debian_spec.rb
    │       │   │   ├── default_spec.rb
    │       │   │   ├── fedora_spec.rb
    │       │   │   ├── linux-generic_spec.rb
    │       │   │   ├── pld_spec.rb
    │       │   │   ├── rhel7_spec.rb
    │       │   │   └── rhel_spec.rb
    │       │   └── spec_helper.rb
    │       ├── templates
    │       │   ├── amazon
    │       │   │   └── clock.erb
    │       │   ├── centos
    │       │   │   └── clock.erb
    │       │   ├── default
    │       │   │   └── timezone.conf.erb
    │       │   ├── pld
    │       │   │   └── timezone.conf.erb
    │       │   └── redhat
    │       │       └── clock.erb
    │       └── test
    │           └── integration
    │               ├── default
    │               │   └── bats
    │               │       ├── date_output.bats
    │               │       ├── debian.bats
    │               │       └── etc_localtime.bats
    │               └── helpers
    │                   └── bats
    │                       └── helper.bash
    ├── data_bags
    │   └── README.md
    ├── environments
    │   └── README.md
    └── roles
        └── README.md

Vagrant と Chef を連携します

調べてみたけど、いまいちどう管理するのがベストプラクティスなのかわからない。
共通系の cookbook は roles で run_list しちゃう方針として作ってみる。

$ vi chef-repo/roles/common.json
common.json
{
  "name": "common",
  "chef_type": "role",
  "json_class": "Chef::Role",
  "default_attributes": {
    "tz": "Asia/Tokyo"
  },
  "run_list": [
    "recipe[timezone-ii::rhel]"
  ]
}

ただ、roles で run_list はアンチパターンに該当してしまうのかも。。。2

Vagrantfile に下記を追加します

$ vi Vagrantfile
Vagrantfile
Vagrant.configure(2) do |config|
  ・・・
  config.vm.provision "chef_zero" do |chef|
    chef.cookbooks_path = "./chef-repo/cookbooks"
    chef.roles_path = "chef-repo/roles"
    chef.add_role "common"
  end
  ・・・
end

起動中のゲスト OS を再起動して provisioners を実行

$ rm .vagrant/machines/default/virtualbox/synced_folders
$ vagrant reload --provision

バグらしく、通常の provisioners を実行だとエラーが発生してしまうので注意してください。

これで、ゲスト OS 起動時に recipe が実行され、timezone が"Asia/Tokyo"に設定されます。


まだまだ初心者なので、
今後、自作 recipe を作ってみたり、knife 使ってみたり、クライアント/サーバー構成にしてみたり、最終的には Docker あたりにも手を出して、より理解を深めていければなと。



  1. 2015/03/20時点では、https://supermarket.chef.io には最新の timezone-ii がアップされていなくて、 CentOs だと /etc/sysconfig/clock は更新されないみたいです。 

  2. [和訳]ChefConf 2013: Beginner Chef Antipatterns 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした