Edited at

ATOMを使いたい

More than 1 year has passed since last update.


前置き

ベターベストを書いているわけではありません。

常に更新します。


インストール


Atomのインストール

https://atom.io/


PHPもインストールしておいたほうがいい

Windowsの場合xampでphpだけいればおk。

パス通す。


気になっちゃう設定


メニューバーとかの日本語化

「File」→「Settings」→「Install」

「japanese-menu」パッケージを検索

→インストール


文字エンコード

「ファイル」→「環境設定」→「コア設定」→「ファイルエンコーディング」


不可視文字(タブとかスペースとか)

「ファイル」→「環境設定」→「エディタ設定」→「不可視文字を表示」


パッケージ

パッケージインストール

「File」→「Settings」→「Install」

→パッケージを検索→インストール


ツリー系


プロジェクト管理(project-manager)

プロジェクトの登録

[1]ツリーにプロジェクトを追加

「ファイル」→「プロジェクトフォルダを追加」

[2]登録

「パッケージ」→「Project Manager」→「Save Project」

プロジェクトの呼び出し

「パッケージ」→「Project Manager」→「List Project」


ファイルの横にわかりやすいアイコンを(file-icons)


ファイル探索方法を追加(advanced-open-file)

ツリーが使いづらいので、

cdっぽく、ファイルを探しにいけるやつを追加。

ctrl + alt + o


エディタ


ダブルクリックで同じ文字列を強調(highlight-selected)


タブ多段表示(multiline-tab)


ミニマップ(minimap)

このままでも大きいスクロールバーとして使いやすい。


ミニマップで文字列のハイライト(minimap-highlight-selected)


ブックマークをminimapでもハイライト(minimap-bookmarks)


PHP


自動補完強化(atom-autocomplete-php)

[1]composerいれておかないとエラーがうるさい

↓Windowsの場合

https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe

たぶん↓この辺に入る

C:\ProgramData\ComposerSetup\bin\composer.phar

ので

atom-autocomplete-phpのSettings→「Command to use composer」

にcomposer.pharを指定

[2]PHPのパス設定

atom-autocomplete-phpのSettings→「Command php」にPHPを指定


PHPの構文チェック(linter-php)

[1]PHPのインストールが必要

[2]パス通す

linter-phpのSettings→「PHP Executable Path」にPHPを指定


フォーマッター(atom-beautify)

[1]PHPのインストールが必要

WindowsならXAMPでphpだけいれればおk

[2]php-cs-fixer.pharをダウンロード

http://get.sensiolabs.org/php-cs-fixer.phar

[3]パス通す

atom-beautifyのSettings→「Executables」→「PHP-CS-Fixer」

「Binary/Script Path」にphp-cs-fixer.pharを指定

atom-beautifyのSettings→「Executables」→「PHP」

「Binary/Script Path」にPHPを指定

[4]設定

atom-beautifyのSettings→「Executables」→「PHP」

「Default Beautifier」を「PHP-CS-Fixer」

[5]実行

右クリック→「Beautfy editor contents」


Docコメント補助(docblockr)


クラス、関数の定義元にジャンプ(goto-definition)

ctrl + alt + Enter


クラス、関数、変数の一覧(symbols-tree-view)

右クリック→Toggles Symbols-Tree-View


よく使うショートカット


文字列検索

(ファイル内)ctrl + f

(PJ内)ctrl + shift + f


選択文字列の次の出現位置に飛ぶ

(次)ctrl + d

(前)ctrl + u


ファイル検索

ctrl + p


ツリーを出したり隠したり

ctrl + \


ブックマーク

(選択行をブックマーク/解除)Ctrl + Alt + F2

(ブックマーク先へ)F2

(解除)Ctrl + Shift + F2


ショートカットの割り当て変更

「ファイル」→「環境設定」→「キーバインド」→「キーマップファイル」

個人的な設定

SC
割り当て
理由

F3
goto-definition
Eclipseになれてしまったから


keymap.cson

'.platform-win32 atom-text-editor':

'f3': 'goto-definition:go'