Help us understand the problem. What is going on with this article?

S2Dを構成してみた。

More than 3 years have passed since last update.

S2Dの構築はここを参考にしました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/storage/storage-spaces/hyper-converged-solution-using-storage-spaces-direct
https://mhiroblog.wordpress.com/2016/12/29/s2d-storage-space-direct-%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%88%90/
http://tricra.doorblog.jp/archives/70251641.html

クラスタ構成後のクラウド監視はここを参考にしました。

http://tricra.doorblog.jp/archives/70115019.html

構成

  • ディスク構成 SanDisk SDSSDA240G 4本 キャッシュなし

オールフラッシュの最小構成ですね。

  • ネットワーク QLogic FastLinQ QL45212H 25GbE Adapter 2ポート

Get-SmbClientNetworkInterface
Get-SmbServerNetworkInterface

どっちもRDMA CapableはTrueです。

"C:\ClusterStorage\Volume1"のフォルダに対してまずは手軽なCrystalDiskMark5.2.2をとってみました。

  • サイズ8GB、キュー32、スレッド1
    image.png

  • サイズ8GB、キュー32、スレッド4
    image.png

  • サイズ8GB、キュー32、スレッド16
    image.png
    iopsにするとリード8万とライト5千くらいです。

スレッド数を上下させるとシーケンシャルリードとランダムリードだけトレードオフでした。
ランダムライトがSSDに4並行でアクセスできるのに想像以上に遅いのが気になりました。
それ以外の数字はなかなか優秀だと思います。

パフォーマンスモニターでRDMAを確認してみましょう。
CPUはほとんど使われていないこと、2ポートできれいに負荷分散されていることが確認できますね。
image.png

おまけ

ここを参考にCSVキャッシュを有効にするとどうなるでしょうか。

https://blogs.msdn.microsoft.com/clustering/2013/07/19/how-to-enable-csv-cache/

(Get-Cluster). BlockCacheSize = 8192
Get-ClusterSharedVolume | Set-ClusterParameter enableblockcache 1
Get-ClusterSharedVolume|Stop-ClusterResource|Start-ClusterResource

今回はテストサイズが8GBなのでキャッシュサイズも8GBにしました。
結果、こうなりました。スレッド16です。
image.png

メモリから繰り返し読みだしているからシーケンシャルリードが劇的に速くなる!15GB/sですよ。
読み出し中心の配信系ファイルサーバーやBIやバッチ処理なら使ってもよさそうです。
けど仮想化でより重要なランダムI/Oにはほとんど影響がありませんでした。
参考までに。

次回はいよいよSANsymphonyと同一ハードウェアで直接対決させてみます。勝てるといいなあ。

その次はHCIでより重要になる、仮想マシン上からベンチマークをかけつつ、仮想マシン数の変化させた時のクラスター全体(2台しかないけど)のトータル性能の推移を見てみます。
仮想ディスクは分けたほうがいいのか単一の方がいいのか、ホスト2台に同時に書き込んでも性能は維持できるのか。興味は尽きません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした