Windows
Azure
Storage
sds
datacore

DataCore Cloud Replicationを使ってみた

More than 1 year has passed since last update.

先日リリースされたDataCore Cloud Replicationを早速使ってみました!

まずはデプロイします。
image.png

デプロイすすめていきます。
image.png

高い性能は必要ないのでお勧めの中で一番小さいサイズにしてみます。
image.png

デプロイが完了したらリモートデスクトップで入ってみましょう。
英語版Windowsなので、このあたりを参考にして日本語にしてもいいかもしれません。

image.png
最初からコンソールへのショートカットがありますね。

ライセンスを見てみましょう。
image.png
この時点ではまだ評価版の状態です。このマーケットプレイスはBYOLです。

ディスクを見てみましょう。
image.png
1つ見えているディスクはTemporary Storage(D:)ですね。これは使うことができません。
それではポータルから追加してみます。

image.png

image.png
保存すると早速追加したディスク見えてきました。
image.png
ディスクプールと受信用vDiskを作ってみましょう。
image.png
image.png
全てデフォルトのままでOKです。次にvDiskを作ります。
image.png
容量だけ指定して他はひとまずデフォルトのままでOKです。
image.png
これで受け入れの準備はできましたね。
image.png

次はオンプレ(ソース側、送信側)のデータコアサーバとこのサーバをIPで結ぶ必要があります。今回はSoftEther VPN オープンソース版を使用してデータコアサーバ同士をインターネット越しに直接繋ぎました。
本番環境で使用する時はちゃんとSite to Site VPNを使いましょう。

image.png
IPレベルで繋がったら、hostsファイルかDNSサーバを編集してお互いが名前解決できるようにします。今回はhostsファイルを編集しました。

image.png
Partner with Replication Groupでサーバーグループ間にパートナー関係を作ります。

image.png
画面のようにレプリケーション先のvDiskを選んで設定をします。

image.png
初期化が終わって転送が始まりました。今回はこのディスクをデータコアサーバ自身でマウントして書き込みをしてみます。

(実はこの間でディスクを作り直したので名前やサイズが変わっています)

image.png
書き込みが(非同期で)随時転送されていることが分かりますね。

Azure側でマウントしてデータが送られてきているか確認してみましょう。

image.png
無事に転送されていることが確認できました。成功です。

テンプレートで準備されているので、このような感じであっという間に災害対策(DR)が実現出来てしまいましたね。
必要な時に必要な分だけBLOBを追加していていけばOKです。

ストレージのレイヤーでブロックレベル転送をしているため、ホストやアプリケーションへの影響がなく、転送効率がよく、RPOも限りなく0(限りなく最新の状態)に近づけられることが最大の特長です!