Edited at
EthereumDay 19

ETHで動くちゃんとトークン発行するVALU的なの作ってみた

More than 1 year has passed since last update.


VALUは最高のサービスだと思った

個人的な好き嫌いの話だが、発想が好きだ。思想が好き。2017年ぽさがエモい。

エモいことが好き。

ただ、実装上はEthereumでやるべきだよね。と思った。

それが6月の話。アドベントカレンダー何しようかなと思ったのですが、夏休みにせっかくだしなんかしようということでskuroとETHで動く的なVALUを作ろうということでやってみた。それをそのまま貼ります。結構前のコードなので怪しいです。

githubソース

わりと環境ごっちゃごちゃになってしまったので、そのままだと動かない可能性大です(スミマセン)。やり方の感覚を掴むため、実験的にいじいじしたリポジトリなのでそういう意味で割と雑になってしまっています。ユルシテクダサイ

フレームワークは私がちょっと触ったことのあるDjangoを使っていますが、Djangoの話もしません。まあ雰囲気わかればいいかな〜程度で見ていただけると嬉しいです。

そもそも、だいたいdjangoの中でweb3をimportしてぽちぽち使ってますがすごい冗長コードなのでクソです。あとすごい密結合です。エラー処理もめんどいので書いないのあります。クソコードと罵ってください。


一通り動かすとこうなります(なるはず)

README.mdの通りに、環境整備して、

python manage.py makemigrations

python manage.py migrate してプロジェクト準備をします。 Djangoお決まりですね。ちなみにethvalu/src/Makefileの位置にMakefile作ってあるので、make コマンドあります。

make help で中身は参照してください。


Register

geth --rpc --rpcapi "personal,eth" --dev --networkid 123 console

ローカルのgethを立てたまま、

make run でdjango用のサーバーを動かして、localhostにアクセス。

スクリーンショット 2017-12-18 21.37.23.png

適当にアカウント作ってください。 geth立てた状態で アカウントレジスターしないとエラーになります。アカウント作る際にwalletも作るからです。geth立てていないと、djangoでアカウント作れても、walletを指すアドレスが発行できないのでエラーを吐くようにしてあります。

レジスターするときは、こんな感じ

    def form_valid(self, form):

web3 = Web3(KeepAliveRPCProvider(host='localhost', port='8545'))
if web3.isConnected():
username = form.cleaned_data.get("username")
email = form.cleaned_data.get("email")
password = form.cleaned_data.get("password")
new_user = User.objects.create(username=username, email=email)
new_user.set_password(password)
# host='localhost' port=8545 は geth のデフォルト値
wallet_num = web3.personal.newAccount(username)
# geth サーバーにアクセスしてwallet発行
wallet = WalletProfile.objects.create(user=new_user)
# Userモデルに格納するwalletオブジェクトを生成
new_user.wallet.num = wallet_num
wallet.save()
# wallet.saveでuser.wallet.numにセーブ
new_user.save()
return super(UserRegisterView, self).form_valid(form)
else:
raise PermissionDenied
return 0

売り買いの実験しないといけないので、ログアウトしてもう一つアカウントを作成しておいてください。

スクリーンショット 2017-12-18 21.45.50.png

最初のRegister前に eth.accounts してもアドレスがないですが、Registerのたびに New wallet appeared となって、再び eth.accounts すると発行したアカウントアドレスがわかります。

もちろんこのままだとETHがないので何もできません。このネットワーク用のETHをそれぞれのアカウントにつけてあげましょう。


Miningしてprivate networkのETHを貯める

スクリーンショット 2017-12-18 21.47.05.png

superというアカウントですが、見ての通り、所持しているのは0ETH。これではどうしようもないので、マイニングします。geth立てている方のターミナルで

miner.start()

スクリーンショット 2017-12-18 21.47.16.png

単位はETHじゃなくて、ほんとはweiです。すごい大金持ってる風で嬉しくなりますね。

スクリーンショット 2017-12-18 21.47.25.png

さて、もう一つ作ったアカウントにもETH欲しいので、sendするかminingするかします。

まずはminingしている方を止めて

miner.stop()

二つ目のアカウントeth.account[1]を指定。

miner.setEtherbase(eth.accounts[1])

そして再び

miner.start()


Profile画面から送金

という機能もつけました。valueフィールドに数値を入れて、valueボタンを押すとその人に送金されます。もちろん、どこかでminingしていないと動きません。

スクリーンショット 2017-12-18 21.47.25.png

class SendTransactionView(View):

def post(self, request, *args, **kwargs):
if request.method == 'POST':
query = request.POST.get("value")
value = int(query) * 100000
print(value)
from_wallet = WalletProfile.objects.get(user=request.user)
to_user = request.POST.get("username")
to_user = User.objects.get(username=to_user)
to_wallet = WalletProfile.objects.get(user=to_user)
web3 = Web3(KeepAliveRPCProvider(host='localhost', port='8545'))

transaction = formatters.input_transaction_formatter(web3.eth,
{'to': to_wallet.num,
'from': from_wallet.num,
'value': value})

web3.personal.signAndSendTransaction(transaction, request.user.username)

return render(request, "home.html")


Tokenを発行する

tokenを発行するのは「発行」からできます。発行量は中で直打ちしています。


class TokenIssueView(View):
def post(self, request, *args, **kwargs):
if request.method == 'POST' and request.user.is_authenticated():
to_user = User.objects.get(username=request.user.username)
to_wallet = WalletProfile.objects.get(user=to_user)
token_dir = '../contract/Token/FixedSupplyToken'
# Tokenの発行量
issue_lot = 1000000
web3 = Web3(KeepAliveRPCProvider(host='localhost', port='8545'))
token_binary = token_dir + '.bin'
token_abi = token_dir + '.abi'
binary = open(token_binary)
abi = open(token_abi)
abi = json.loads(abi.read())
cnt = web3.eth.contract()
cnt.bytecode = '0x' + binary.read()
cnt.abi = abi
admin = UserProfile.objects.first()
unlock_validation(web3.eth.coinbase,admin.user.username,web3)
transaction_hash = cnt.deploy(transaction={'from': web3.eth.coinbase, 'gas': 1000000})
sleep(4)
hash_detail = web3.eth.getTransactionReceipt(transaction_hash)
token_address = hash_detail.contractAddress
token_user = User.objects.get(username=request.user.username)
token_user.profile.token_address = token_address
token_user.profile.save()
from_wallet = WalletProfile.objects.filter(num=web3.eth.coinbase).first()
send_token_transaction(to_user, issue_lot, token_address, True, from_wallet.user)
return redirect("home")


売り買いしてみる

スクリーンショット 2017-12-18 21.50.59.png

chart.jsをペリッと貼って売り買い板っぽくしてます。(表示崩れひどい)売り注文を出して、同じ価格で違うユーザーから買い注文を出す(ここまではdjangoでの操作)と、send_token_transactionが呼び出されます。


def send_token_transaction(buyer, lot, token_address, is_issue, *seller):

seller = seller[0]
web3 = Web3(KeepAliveRPCProvider(host='localhost', port='8545'))
unlock_validation(seller.wallet.num, seller.username, web3)

f = open("transactions/abi.json", 'r')
abi = json.loads(f.read())
# contractのアドレスはトークンごと abiは共通
cnt = web3.eth.contract(abi, token_address)
# print(seller)
# print(seller.wallet.num)
cnt.transact(transaction={'from': seller.wallet.num}).transfer(buyer.wallet.num, lot)
buyer.wallet.token_balance = buyer.wallet.get_token_lot(token_address)
if is_issue is True:
buyer.profile.have_token.add(buyer)
else:
print("---------------")
buyer.profile.have_token.add(seller)
print(token_address)
buyer.profile.save()
print(buyer.have_token.all())
buyer.wallet.save()

と、これでだいたい。

- Registerでアカウント発行

- ユーザー間でETH送金

- ユーザーのトークン発行

- (発行したトークンの表示)

- トークンの売買

ができました。