Posted at

【環境構築】vagrant up でこけた

More than 1 year has passed since last update.

vagrantで開発環境を作っていたらつまずいたので、こちらにメモを書く


使ってるマシン


  • Macbook Pro:バージョン 10.11

  • virtual Box:バージョン 5.1

  • Vagrant: バージョン 1.8.5


事象


  • vagrant upすると、default: Warning: Authentication failure. Retrying...

    が出続ける


  • vagrant sshをすると、パスワードを聞かれる



原因


  • ホストOS(MAC)とゲストOS(VM)のSSHキーが一致していないこと


対処方法


  • SSHキーを作成し直し、ゲストOSに設定する

以下、手順

1: 現状のSSHキーを調べる

$ vagrant ssh-config

->IdentityFile xxxx/vagrant_private_keyがでてくるはず


  • 公開鍵を作成
    $ ssh-keygen -yf xxxx/vagrant_private_key > public_key



    • $ vi public_key で作った公開鍵をコピーする



2: ゲストOSのキーを設定する

vagrantを起動している状態で(virtual Boxで立ち上げる)行う



  • VirtualBoxからログインする


    • rootユーザでログイン
      ユーザ:xxxx
      パスワード:xxxx



  • 公開鍵に1で作ったキーの内容を貼り付け


# vi /home/vagrant/.ssh/authorized_keys


authorized_keys

ssh-rsa 

HOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGE
HOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGE
HOGEHOGEHOGEHOGEHOGEHOGE


  • パーミッションを変更

    # chmod 600 /home/vagrant/.ssh/authorized_keys

3:ログイン(ホストOS)

$ vagrant ssh

つながればおk!


もしも、virtual Boxでの操作が面倒だった場合(コピペができない等)

手順2のvirtual Boxからログインではなく、ローカルからログインする

$ vagrant ssh

ここでパスワードを聞かれるので、rootユーザと同じパスワードを入力

以降は同じ手順。

以上