Help us understand the problem. What is going on with this article?

【slack】メッセージをタスク化するSlack botを使ってみた

More than 3 years have passed since last update.

概要

Advent calendar 18日目。
普段からslack監視が大好きな若者です。
今日は、普段業務中にコミュニケーションツールとして使っている
slackのBotについてお話します。

はじめに

組織内での課題

  • 組織内全員分の納期(アンケート回答・提出締め切りのレポート等)を管理しづらい

ある日、課長から
「全員の納期とか、提出状況とか一括して管理するのが、難しいんだよね。」
とお達しがありました。
(うちの組織は12人いて、毎月人事からのアンケートや、
定期的に調査用レポート等がそれぞれに課せられます)

これまでは、slackで「○○終わりました!」と課長にメンション付きで
報告をしていたのですが、様々なタスクがあり、大人数ともなると管理に苦戦するようで。

そこで、タスクと、提出状況を一括して確認できる
仕組みがあったら、皆幸せになれるのではないか、と思うようになりました。

目的

  • 各個人の納期の提出状況を一括して確認できるようにしたい
  • 誰がどの課題を未提出なのかを、一括で確認したい

ツールの選定

ツールの選定条件は以下の通り

  • 普段から目を通すもの
  • タスクの追加・タスクの完了を容易にしたい(他のブラウザを使いたくない)
  • タスクの追加・確認の際に別のアプリ・ブラウザ等を起動しなくてもよいこと
    • torelloとの連携はどちらにせよtorelloを
      ブラウザで操作しなければならないため、却下
  • 無料 であること

選んだツール

  • slack
  • must-read

must-readとは

  • メッセージをタスク化してくれるslackbot
  • メンションを付けて、タスク名と、そのタスクを遂行する人のユーザ名を入れるだけでタスクが振られる
    https://bita.jp/dml/slackbot_must-read

やり方

タスクの追加

  • @must-read タスク名 @username
    で追加できます。
    例:) @must-read クリスマスの予定を作る @t-ishimaru スクリーンショット 2016-12-17 22.37.55.png

タスク完了時

  • 自分が振られているタスクを確認

    • @must-read feed
  • 完了にしたいタスクを振られたところに移動

    • 完了にしたいタスクをクリック(リンクになっていて、タスクが振られた時点のところに飛べる) タスク.png
  • 緑色のチェックボタンを押下
    image.png
    image.png

  • 確認
    タスク2.png

クリスマスの予定を作るというタスクを完了したので、消えていることを確認できますね。

全員分のタスクの提出状況を確認する

全員分の提出状況を確認するときはstatusを使用します。(2回目)

スクリーンショット 2016-12-17 22.39.21.png

※タスクを振った人以外は見れない

得意なこと・苦手なこと

できること

  • タスクの追加
  • タスクの完了状況を毎朝本人に通知
  • タスクの一覧をDMで教える
  • ユーザ名を@channelにするのも可能
    • ただし、タスクを振った側は@channelに含まれない

苦手なこと

  • タスクの完了状況一覧をグループチャンネルに表示をすること
  • タスクを振った人以外が全員のタスクの状況を確認すること

おわりに

mut-readいかがでしたでしょうか。
今日は、実際のslackbotのmust-readのお話をしました。
must-readは利点も欠点もありますが、
slackでタスク管理(自分のTODOリスト)をするのには、非常に有効ではないかな、と個人的には思っております。
ただ、DMでしかお知らせしてもらえないという点については、まだ課題かなと思っておりますので、
自分でも似たようなbotを自分の手で作って、
できたらこちらでご報告しようと思っております。

ありがとうございました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away