ShellScript
Bash

Bash の戻り値判定を簡潔に記述する

関数やコマンドの戻り値を判定して、条件分岐させたいときは、以下のような典型的な if then 構文が使われる。

hogehoge

if [ $? -ne 0 ]; then
# エラー処理
fi

これは以下のようにスッキリと書くことができる。

hogehoge || {

# エラー処理
}

|| は左辺のコマンドが異常終了 (戻り値が 0 以外) した際に右辺を評価する。波括弧 { } でくくることで評価の対象を複数行で書くことができる。

1 行分削減できるし、見た目も無名関数っぽくてかっこいい。(が、シェルスクリプトに慣れていない人からすると冗長な書き方のほうが読みやすいので、あくまでも使用は個人プロジェクト程度に留めるのが吉)