Windows
Azure
VisualStudio

Azureに管理証明書をアップロードする

More than 3 years have passed since last update.

クライアントアプリケーションからAzureを扱う時には管理証明書というものを作成し、Azureにアップロードする必要があります。

管理証明書(拡張子は .cer)の詳細については下記を参照して下さい。


前準備

管理証明書を作成するためにはVisual Studioが必要になるため、下記のリンクからダウンロードし、インストールして下さい。

Visual Studio Community 2013 - Visual Studio


管理証明書を作成する

先程インストールしたVisual Studioの開発者コマンドプロンプトを起動します。

開発者コマンドプロンプトは下記のショートカットを使用します。(Visual Studio Community 2013の場合)

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\Common7\Tools\Shortcuts\開発者コマンド プロンプト for VS2013

開発者コマンドプロンプトにて下記のコマンドを入力。

makecert -sky exchange -r -n "CN=azure-cert" -pe -a sha1 -len 2048 -ss My "azure-cert.cer"


Azureに管理証明書をアップロードする

Azureのポータルにログインし、[設定]メニューにアクセスします。

[設定]メニューの[管理証明書]を選択し、先程作成した管理証明書ファイルをアップロードします。

azureportal.jpg