search
LoginSignup
1

posted at

Laravel Sailをdevcontainerで動かすときは下準備が必要

サンプルはこちら。


Laravel Sail とは、Laravel の開発環境をコンテナーでセットアップするためのツールです。

コンテナーで動作するということは、devcontainer で動かしたくなるものです。
Laravel Sail には devcontainer.json や docker-compose.yml を準備するコマンドも用意されています。

.devcontainer/devcontainer.json

// https://aka.ms/devcontainer.json
{
	"name": "Existing Docker Compose (Extend)",
	"dockerComposeFile": [
		"../docker-compose.yml"
	],
	"service": "laravel.test",
	"workspaceFolder": "/var/www/html",
	"settings": {},
	"extensions": [
		// "mikestead.dotenv",
		// "amiralizadeh9480.laravel-extra-intellisense",
		// "ryannaddy.laravel-artisan",
		// "onecentlin.laravel5-snippets",
		// "onecentlin.laravel-blade"
	],
	"remoteUser": "sail",
	"postCreateCommand": "chown -R 1000:1000 /var/www/html"
	// "forwardPorts": [],
	// "runServices": [],
	// "shutdownAction": "none",
}

docker-compose.yml

# For more information: https://laravel.com/docs/sail
version: '3'
services:
    laravel.test:
        build:
            context: ./vendor/laravel/sail/runtimes/8.1
            dockerfile: Dockerfile
            args:
                WWWGROUP: '${WWWGROUP}'
        image: sail-8.1/app
        extra_hosts:
            - 'host.docker.internal:host-gateway'
        ports:
            - '${APP_PORT:-80}:80'
            - '${VITE_PORT:-5173}:${VITE_PORT:-5173}'
        environment:
            WWWUSER: '${WWWUSER}'
            LARAVEL_SAIL: 1
            XDEBUG_MODE: '${SAIL_XDEBUG_MODE:-off}'
            XDEBUG_CONFIG: '${SAIL_XDEBUG_CONFIG:-client_host=host.docker.internal}'
        volumes:
            - '.:/var/www/html'
        networks:
            - sail
        depends_on:
            - mysql
    mysql:
        image: 'mysql/mysql-server:8.0'
        ports:
            - '${FORWARD_DB_PORT:-3306}:3306'
        environment:
            MYSQL_ROOT_PASSWORD: '${DB_PASSWORD}'
            MYSQL_ROOT_HOST: "%"
            MYSQL_DATABASE: '${DB_DATABASE}'
            MYSQL_USER: '${DB_USERNAME}'
            MYSQL_PASSWORD: '${DB_PASSWORD}'
            MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: 1
        volumes:
            - 'sail-mysql:/var/lib/mysql'
            - './vendor/laravel/sail/database/mysql/create-testing-database.sh:/docker-entrypoint-initdb.d/10-create-testing-database.sh'
        networks:
            - sail
        healthcheck:
            test: ["CMD", "mysqladmin", "ping", "-p${DB_PASSWORD}"]
            retries: 3
            timeout: 5s
networks:
    sail:
        driver: bridge
volumes:
    sail-mysql:
        driver: local

vendor の復元

上記の構成で足りてはいますが、リポジトリをクローンした直後など composer install を行っていない状態では、 devcontainer を起動することができませんでした。
An error occurred setting up the container. というエラーが起きました。

理由としては docker-compose.yml にて Laravel Sail のランタイムが指定されていますが、そのランタイムが無い(コミット対象外)であるためです。以下の context 部分です。

services:
    laravel.test:
        build:
            context: ./vendor/laravel/sail/runtimes/8.1
            dockerfile: Dockerfile

そのため devcontainer を起動する前に、下記コマンドで composer install を実行しておきます。

docker run --rm \
    -u "$(id -u):$(id -g)" \
    -v $(pwd):/var/www/html \
    -w /var/www/html \
    laravelsail/php81-composer:latest \
    composer install --ignore-platform-reqs

詳しくは Laravel Sail のドキュメントに記載されています。

.env の準備

Laravel Sail の起動の際に .env も必要ですが、これもコミット対象外であるため準備する必要があります。
.env.example から手動で作成してもよいですが、 devcontainer の起動時に準備しておきましょう。
devcontainer.json にコマンドを追加します。

"initializeCommand": "cp .env.example .env",

これで Laravel Sail を devcontainer で動かせるようになりました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1