microbit

micro:bitのスマホアプリの使い方

マイクロビットは、スマホやタブレットから使えるアプリがあります。パソコンがなくても、マイクロビットにプログラムを書きこむことができます。
ここでは、iOS(iPhoneやiPad)用のアプリの使い方を説明します。Androidスマホやタブレットでも動かすことが出来ます。

説明がわからないときは、大人のひとといっしょにやってみましょう。

アプリをインストールする

App Storeから、「micro:bit」という無料アプリをさがして、インストールします。

IMG_2336.PNG

アプリのアイコンをタップすると、下のような画面が出ます。

IMG_2310.PNG

しばらく待つと画面が切りかわります。

IMG_2311.PNG

自分のマイクロビットを登録する

はじめに、スマホやタブレットから使えるように自分のマイクロビットを登録します。これを、「ペアリング」といいます。
「Choose micro:bit(マイクロビットをえらぶ)」をタップすると、次の画面になります。

IMG_2312.PNG

画面の上の方の「Pair a micro:bit(マイクロビットとせつ続する)」をタップします。

IMG_2313.PNG

この画面には、マイクロビットとせつ続する方法が書かれています。マイクロビットのAボタンをBボタンをおしながら、画面うらのリセットボタンをおして、リセットボタンをはなします。このときは、AボタンとBボタンはおしたままにします。しばらくすると、マイクロビットの画面に「PAIRING MODE!」と文字がでるので、AボタンとBボタンをはなします。

少し待つと、マイクロビットの画面に登録用の記号がでます。下の写真は記号の例です。自分のマイクロビットには、これとは違った記号が出るはずです。

IMG_2314.JPG

アプリの画面で緑色の「Next(次にすすむ)」ボタンをおします。

IMG_2315.PNG

画面をタッチして、自分のマイクロビットに出た記号とおなじ形にします。

IMG_2316.PNG

この画面が出たら緑色の「Next(次にすすむ)」ボタンをおします。

IMG_2317.PNG

マイクロビットのAボタンをおして、次に進みます。下の画面は、アプリがマイクロビットをさがしています。しばらく待ってもマイクロビットが見つからないときは、ホーム画面から設定→Bluetoothで、BBC micro:bit[xxxxx] をさくじょしてから、もう一度試してみましょう。

IMG_2318.PNG

マイクロビットが見つかると、下のような画面が出ます。

IMG_2324.PNG

「ペアリング」をタップして、マイクロビットとせつ続します。マイクロビットに6つの数字が順番に出るので、同じ数字をスマホに入れます。

IMG_2319.PNG

この画面がでたら、せつ続は成功です。「OK」ボタンをおします。マイクロビットは、下の写真のようにチェックマーク「✓」が出ます。

IMG_2320.JPG

スマホからプログラムを作って、書きこむ

スマホやタブレットからマイクロビットのプログラムを作ってみましょう。メニューの上から二番目の「Create Code(プログラムを作る)」をタップします。

IMG_2311.PNG

しばらくすると、下のような画面に切り替わります。パソコンと同じやり方でブロックを組み合わせてプログラムを作ってみましょう。

IMG_2326.PNG

プログラムを作ったら、画面下のダウンロードアイコン(左下のむらさき色のボタン)をおします。

IMG_2327.PNG

ダウンロードのじゅんびが出来たら、下のような画面が出るので、「ダウンロード」ボタンをおします。

IMG_2328.PNG

マイクロビットにプログラムを書きこむので、下の画面から「開く」をえらびます。

IMG_2329.PNG

書きこみが出来る画面に切りかわります。自分の作ったプログラムが選ばれているので、そのまま水色の「Flash(書きこみ)」ボタンをおします。

IMG_2330.PNG

下のようなマイクロビットをさがす画面が出ます。

IMG_2331.PNG

うまくさがせなかったときは、下のような画面がでます。こうなったときは、マイクロビットのAボタンとBボタンをおしながらリセットします(ペアリングモード)。そして、緑色の「Continue(つづき)」ボタンをおして、もう一度マイクロビットをさがしてみます。

IMG_2332.PNG

うまくつながると、下のような画面が出て書きこみが始まります。

IMG_2333.PNG

書きこみが終わると、下の画面が出ます。

IMG_2335.PNG

マイクロビットに書きこんだプログラムは動いているので、動作をみてみましょう。

(おわり)