AWS
EC2
teraterm
TeraTermMenu

TeraTerm 4.100 & TeraTerm Menu のインストールと使い方


TeraTerm 4.100 & TeraTerm Menu のインストールと使い方

TeraTermで機器へのログインを簡単にしたいけど、マクロは作るのが面倒・・・。

そんな時に、機器のログイン情報を簡単に登録できて、クリックだけでログインできる、TeraTermのインストールパッケージに付属されているからTeraTermと一緒にインストールできる。

そんなフリーソフト「TeraTerm Menu」の紹介ページです。



  • このページでは以下について記載します。


    • TeraTerm 4.100 & TeraTerm Menu のダウンロード

    • TeraTerm 4.100 & TeraTerm Menu のインストール

    • TeraTerm Menuの簡単な使い方


      • AWS EC2インスタンスへ鍵認証ログイン

      • Cisco 892JルータへのSSHログイン






  • 用意したもの


    • Windows10搭載PC

    • TeraTerm Version4.100 ※本ページでダウンロード

    • TeraTerm Menu ※TeraTermに含まれている

    • 接続先のログイン情報(本ページでは以下を使用)


      • AWS EC2インスタンス:パブリックIPと秘密鍵

      • Cisco 892Jルータ:SSH用のUserID/Password






目次

1,ダウンロード

2,インストール

3,TeraTerm Menuの起動

4,AWS EC2インスタンスのログイン情報を登録(鍵認証)

5,AWS EC2インスタンスへのログイン

6,Cisco 892Jルータのログイン情報を登録(SSH)

7,Cisco 892Jルータへのログイン(SSH)



1,ダウンロード


  • TeraTermのファイルが置いてあるサイトにいきます。

    Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ - OSDN



  • 最新リリース「Tera Term 4.100」をクリック ※2018/09/24時点の最新


  • 「teraterm-4.100.exe」をクリックするとダウンロードが始まります。

    ※ダウンロードファイルの置き場所は使用環境によって違うため省略

1-1_1.png

1-1_2.png



2,インストール


  • 1-1でダウンロードした「teraterm-4.100.exe」をダブルクリック

    ※黄色い警告が出たら「はい」

  • 基本的には「はい」や「次へ」ですが、変えた所は赤枠を付けてます。

1-2_1.png

1-2_2.png

1-2_3.png


  • 「TeraTerm Menu」はここでレ点チェックをすることでインストール出来ます。

1-2_4.png

1-2_5.png

1-2_6.png


  • ↓ 以下へレ点を付けます。



    • デスクトップに~~~ ※TeraTermショートカット作成


    • スタートアップにTeraTerm Menuのショートカットを作る


    • .ttlファイルを~~~ ※マクロファイルとTeraTermの関連付け


    • telnetプロトコル~~~ ※telnet系のURLで、TeraTerm起動


    • sshプロトコル~~~ ※SSH系のURLで、TeraTerm起動



image.png

1-2_8.png

1-2_9.png


  • 以下のショートカットがデスクトップへできてることを確認します。

1-2_10.png


  • インストールは以上です。



3,TeraTerm Menuの起動


  • Windowマークからスタートメニューを開き、プログラムの一覧から「TeraTerm Menu」をクリックして起動します。

image.png


  • 起動すると画面右下のタスクトレイに常駐し、アイコンが表示されます。

image.png



4,AWS EC2インスタンスのログイン情報を登録(鍵認証)


  • タスクトレイのアイコンを右クリックし、「リスト編集」を選択します。

image.png

image.png


  • 「リスト編集」で以下を入力します。 ※入力後に必ず「<」をクリックして登録すること


登録名:任意の名前 ※日本語も可


●自動ログイン

ホスト名:IPv4 パブリック IP ※パブリック DNS (IPv4)でも可

ユーザ名:ec2-user

パスワード:(空欄)


■ttsshを使う

鍵ファイル:AWS EC2インスタンスの秘密鍵(~.pem)のPATHを指定

    (例) C:\Users\AWSUSER\Desktop\AWS\aws-secretkey.pem


image.png



5,AWS EC2インスタンスへのログイン


  • タスクトレイのアイコンを左クリックし、「作成した登録名」を選択します。

image.png


  • AWS EC2インスタンスへログインできました。

image.png



6,Cisco 892Jルータのログイン情報を登録(SSH)


  • タスクトレイのアイコンを右クリックし、「リスト編集」を選択します。

image.png

image.png


  • 「リスト編集」で以下を入力します。 ※入力後に必ず「<」をクリックして登録すること


登録名:任意の名前 ※日本語も可


●自動ログイン

ホスト名:対象機のIPアドレス

ユーザ名:ユーザ名

パスワード:ユーザのパスワード


■ttsshを使う ※SSHはチェック、telnetはチェックしない


image.png



7,Cisco 892Jルータへのログイン(SSH)


  • タスクトレイのアイコンを左クリックし、「作成した登録名」を選択します。

image.png


  • Cisco 892Jルータへログインできました。 ※この設定ではログインのみ

image.png




以上です。