Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@toshiok

【Blockchain】継承

Solidityで書くSmart Contractsは、オブジェクト思考言語ですので、継承を実現することができます。

継承する基底Contractを作成

まずは、継承する基底Contractを作ってみましょう。

前回のサンプルで作りましたSmart Contractは、オーナーのアドレスを属性に保持し、オーナーであるかの確認をするmodifierを作りました。
これらの機能は、どのSmart Contractでも必要なものです。
そこで、その機能を一つのContractに作って、それを継承するようにしましょう。

Remixの左側に (+) ボタンがありますので、それをクリックします。
ファイル名を Ownable.sol にします。
そして、下記のプログラムを入力しましょう。

pragma solidity ^0.4.24;

contract Ownable {

    address private owner;

    constructor() public {
        owner = msg.sender;
    }

    modifier isOwner() {
        require(owner == msg.sender);
        _;
    }
}

継承して派生Contractを作成

上記で作成したOwnableをMessageStoreに継承してみましょう。

pragma solidity ^0.4.24;

import "./Ownable.sol";

contract MessageStore is Ownable {

    string private message;

    function setMessage(string newMessage) public isOwner {
        message = newMessage;
    }

    function getMessage() public view returns (string) {
        return message;
    }
}

インポートは、 import "Ownable.sol"; で行います。
そして、Contractの定義に is Ownable を追加します。
これで、オーナーのアドレスを保持する機能とmodifier修飾子である isOwner も使えるようになります。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?