Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Blockchain】Visual Studio Code で開発するための準備

今までは、Remix を使ってSmart Contractを作ってきましたが、そろそろ本格的なプロジェクトを作りたいのでIDE(Visual Studio Code)の準備をしていきたいと思います。

プロジェクト初期化

  • Node.js と npm は必要ですので、Macでのインストールはこちらの記事を参考にしてください。

  • 任意の場所に任意のプロジェクトフォルダを作成します。

mkdir {プロジェクトフォルダ}
  • 作成したフォルダに入り、npmを初期化します。
npm init

※ いろいろ聞かれるので、 return キーで次へと進みます。最後の質問は yes で完了します。

必要なパッケージをインストール

Solidity コンパイラ

  • インストール可能なバージョンを確認します。
npm show solc versions
  • 任意のバージョンのコンパイラをインストールします。
npm install --save-dev solc@{バージョン}

web3.js ライブラリ

  • インストール可能なバージョンを確認します。
npm show web3 versions
  • 任意のバージョンのライブラリをインストールします。
npm install --save-dev web3@{バージョン}

Visual Studio Code

  • 次のURLからダウンロードし、インストールをします。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

Solidity開発のための拡張機能

  • VSCodeを立ち上げ、次の手順でSolidity開発のため拡張機能 Solidity support for Visual Studio Code をインストールします。

20190423_Blockchain_VSCode_Plugin.png

Solidityバージョンの設定

  • File > Open... の手順で、上で作成したプロジェクトフォルダをVSCodeで開きます。

  • Code > Preferences > Settings の手順で設定画面を開いて、下のように進めて現在開いているプロジェクトの settings.json を編集します。

20190423_Blockchain_VSCode_solidity_ver.png

  • この例では、Solidityの v0.4.24+commit.e67f0147 を設定しています。
{
    "solidity.compileUsingRemoteVersion": "v0.4.24+commit.e67f0147"
}

これで、一通り Visual Studio CodeBlockchain の開発をするための準備は完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした