Help us understand the problem. What is going on with this article?

fillnull

日本語版SPL Example
cf. fillnull

説明

null値を指定された値に置き換えます。
null値は、特定の結果では欠落しているが別の結果では存在するフィールド値です。 
fillnullを使用して、nullフィールド値を文字列で置き換えます。 
フィールドリストを指定しない場合、fillnullはすべてのnull値を0(デフォルト)またはユーザー指定の文字列に置き換えます。

特定の結果では欠落しているが別の結果では存在するフィールド値

| eval baz=coalesce(foo,bar) を使う時ですね。

fillnull.spl
index=_internal 
| fillnull component value="NA"

componentのフィールドを確認するとcomponentフィールドがなかったイベントにもフィールドが作成されて、この場合NAが入力される。

記述

fillnull [value=string] [<field-list>]

オプション引数

value field-list
文字列
デフォルトは0
値を入れるフィールド

例1

fillnull1.spl
| makeresults 
| eval a="" 
| table a,b,c,d 
| fillnull a b c d

結果

a b c d
0 0 0

null値がないを表してみた。

例2

fillnull2.spl
| makeresults 
| eval a="" 
| eval b=null(), c=""
| fillnull a b c d

結果

a b c d
0 0

明示的にnullにしてあげなきゃいけないと言う例

null除外.spl
| makeresults 
| eval a="" 
| eval b=null(), c=""
| fillnull a b c d
| foreach * [ eval <<FIELD>> = nullif(<<FIELD>>,"")]
| fillnull

全部nullにしてしまえばこの通りしっかり動きます。

例3

fillnull3.spl
| makeresults
| fillnull a b c d

結果

a b c d
0 0 0 0

何はともあれフィールドを作りたい時はfillnullが一番早い

まとめ

nullはSplunkにおいて非常にわかりづらい。
where isnull()が期待通りの動きをしなかったりする場合| fillnullで確認してみるとただの値がないだけかもしれません。
:sweat:fillnullの話で終わっていない。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした