Xcode
TestFlight
iTunesConnect
AppStoreConnect

リンクを公開するだけでアプリのベータテストができるTestFlight Public Linkが超便利

ベータテストの悩み

開発したiOSアプリをベータテストするときには、TestFlightやdeploygateをつかっています。

どちらもとても便利なサービスですが、テスターのメールアドレスやUUIDの登録が必要なので、気軽にテストをお願いしづらいのが悩みどころでもありました。

そんな悩みを解決してくれるサービスがアップルからリリースされました。

その名も「TestFlight Public Link」です。

TestFlight Public Linkとは

TestFlight Public Linkは、WWDC2018の What's New in App Store Connect で詳しく紹介されていて、9月26日にサービス開始しました。

なんと、「パブリックリンクを公開するだけで、アプリのベータテストに不特定多数の人を招待できる」という夢のようなサービスです。

開発者はメールアドレスを管理する必要がありませんし、テスターは匿名で参加できるので、いままでよりもお手軽にテストができます。

TestFlight Public Linkの使い方

それでは、実際にTestFlight Public Linkをつかってみましょう。

まず、App Store Connectにサインインして、テストしたいアプリを選択します。

001.png

つぎに、外部テスターを追加をクリックして、グループを作成します。

002.png

作成したグループのビルドタブをクリックして、+ボタンをクリックします。

003.png

テストするビルドの選択画面が表示されるので、ビルドを選択して次へボタンをクリックします。

今回は、先日アップデートしたばかりの、ARで魔法のように簡単にお片づけができるアプリ「パンダクリンAR」を選択します(宣伝)。

004.png

テスト情報として、フィードバックを受けるためのメールアドレスなどを入力します。サインインの情報以外は必須です。

005.png

テスト情報入力画面が表示されるので、テスターにお知らせしたい内容(このビルドの新機能や、テストをするときの手順や注意点など)を入力します。

入力が完了したら、審査へ提出ボタンをクリックします。

006.png

審査待ちになりました(今回は、すでにリリース済みのビルドを選びましたが、審査に提出ボタンしか選べませんでした。テストとリリースの審査は別扱いのようです)。

審査待ちなので、以下の手順はWWDCの動画から抜粋して紹介します(審査が完了したら、また追記します)。

007.png

審査が終わると、Public Link(日本語では公開リンク)にEnable Public Linkが表示されるので、クリックします。

008.png

すると、URLが発行されるので、テスターに送ったり、SNSなどでシェアしたりします。

009.png

なんと、最大1万人のテスターを集めることができるそうです!

TestFlight Public Linkの便利な機能

TestFlight Public Linkならではの便利な機能もあります。

010.png

たとえば、パブリックリンクを開くと、テスターになる手順をガイドしてくれます。

011.png

また、テスト中なのでサーバー側の負荷を制限したい場合などには、テスターの人数の上限を設定することもできます。

012.png

さらに、リンクを無効にしてテスターの参加を停止することもできます。

013.png

テスターの参加を停止した場合には、リンクを開くと「テスター募集終了」のメッセージが表示されるそうです。

パブリックリンクで誰でもテストに参加できるので、このあたりの配慮は嬉しいですね。

014.png

「誰でも簡単にテスターになれるのです」という素敵な笑顔も納得の出来映えです。

App Store Connect APIで自動化

さらに、App Store Connect APIも追加されました。

015.png

このAPIをつかえば、App Store ConnectのUIをつかわずに、つぎの操作ができます。

  • グループを作成する
  • グループにビルドを割り当てる
  • パブリックリンクを管理する
  • テスターの追加と削除
  • テスト情報を更新する

終わりに

個人でアプリを開発者しているわたしとしては、フィードバックの電話番号が必須なのが気になります。おそらくテスターに公開されるので、フィードバック専用の電話番号を用意する方がいいかもしれません(審査が無事に通ったら、試してみて追記します)。

とはいえ、とてもシンプルな手順でテストができるので、今後はベータテストのありかたも変わってくるかもしれません。

会社で開発するアプリはもちろん、個人で開発しているアプリも、SNSなどを活用してオープンにベータテストをして、どんどんアップデートサイクルをまわすことも可能になります。

またひとつ便利になったTestFlightを活用して、より良いアプリを開発していきます。

参考リンク

Beta Testing Made Simple
What's New in App Store Connect