Help us understand the problem. What is going on with this article?

VScodeの設定共有(SettingSync)

概要

拡張の機能 "SettingSync" を利用することで、VScodeの設定を複数の端末で共有できる。
ただいくつかの点で躓いた 1ので、手順をまとめておいた。

2019/12/9追記
設定方法が変更されてこの記事の内容よりも簡単になりました!
これから設定される方は次の記事を参考にどうぞ

必要なもの

  • GitHubアカウント
  • SettingSync (VScode拡張機能)

SettingSyncは、アップロード側・ダウンロード側の両方にインストールする。

設定手順

VScodeにSettingSyncをインストールし、GitHubアカウントを準備した段階から始める。

準備1

  1. VScode上で Alt+Shift+Uでアップロードをする。
  2. GitHubのページに飛ばされるので、tokenの説明(例:VScode設定共有など)とgistにチェックを入力。Githubpage.png
  3. ページ下にあるGenerate tokenをクリック。
  4. 生成されたtokenをテキストファイルなどに保存する。tokenpage.png

アップロード

  1. VScodeへ戻り、tokenを入力
  2. アップロード情報が出力され、Doneが表示されれば完了。

準備2

  1. https://gist.github.com/ユーザー名 に行くとcloudSettingsがあるので選択。ない場合はアップロードに失敗している。無題2.png

  2. cloudSettingsのURLの最後の文字列がGistIDなので保存する。https://gist.github.com/ユーザー名/"この部分がGistID"

ダウンロード

  1. ダウンロードしたいVScodeへ移動して、Alt+Shift+Dでダウンロードする。
  2. tokenとGistIDを入力するとダウンロードが始まる。Done表示で完了。

tokenとGistIDの変更をしたい場合

設定時のミスやtokenの再生成など行った場合は下記のファイルのjsonを変更すること。
詳細はSettingSyncのページを参照のこと。

tokenの変更

  1. Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを開いてSyncと入力。
  2. Advanced Optionsを選択し、続けてEdit Extension Local SettingssyncLocalSettings.jsonを開く。
  3. "token":~の部分を変更する。

GitsIDの変更

  1. setting.jsonを開く。
  2. "sync.gist":~の部分を変更する。

参考にさせていただいたサイト

VSCode の設定を同期する「Settings Sync」を使ってみた
Settings Syncの設定方法(Gist IDってなんやねん)


  1. GistIDとGithubのアカウント名を混同して設定をしてしまった。 

torun225
システムやネットワークの運用・監視を仕事にしてるエンジニアです。 よく使う言語はJavaやPython、フロント言語は趣味程度。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした