Edited at

digdagのコンフィグについて(~/.config/digdag/config)

Digdagではデフォルトのパラメータを~/.config/digdag/configに保存しています。

例えば下記のように設定しておくことで、digdag serverのendpointをデフォルトで指定できます。

client.http.endpoint = https://example.com

client.http.headers.authorization = TD1 APIKEY
params.td.apikey = APIKEY

まず、digdag clientに設定するserverのendpointはclient.http.endpointになります。そこで認証が必要であれば、client.http.headers.authorizationなどを付与します。(TDの場合には認証が必要なのでdigdag serverに若干+αしている)

また、digdagのタスクで利用するデフォルトのパラメータがあれば、params.~と指定する。これで_exportを利用しなくてもパラメータを設定可能。

ちゃんちゃん。