Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bash on Ubuntu on Windows(BoW)の最高の端末環境をつくる

More than 3 years have passed since last update.

mattnさんの Bash on Ubuntu on Windows の最高の端末環境を教えてやるからちょっと来い。を、たぶん一番簡単な方法で。
といってもほぼ同じことしかしていないので、上記事でわかる人は読まなくてもよさそう。

Bash on Ubuntu on Windowsを使えるようにする

  • Windows10にアニバーサリーアップデートを適応
  • プログラムの変更と削除>Windowsの機能の有効かまたは無効化から、Windows Subsystem for Linuxのチェックボックスをチェック
  • PowoerShellを起動して bash と入力

そのまま流れに身を任せると使えるようになる

ついでにgitをインストールしておく
BoWを起動して

sudo apt-get update
sudo apt-get install git

msys2を入れる

msys2 Installerから64bit版をダウンロードして起動、流れに身を任せてインストール

インストール後、msys2にgccとmakeを入れる

pacman -Syuu
pacman -S gcc
pacman -S make

wslbridgeをビルドする

GitHub - rprichard/wslbridge

BoW上でmsys2のhomeに行って

git clone https://github.com/rprichard/wslbridge.git

msys2上で

cd /home/wslbridge/frontend
make

BoW上で

cd [msys2のhome]/wslbridge/backend
make

ビルドできたら、msys2上で

mintty -t "Bash on Ubuntu on Windows" -e [wslbridgeのディレクトリ]out/wslbridge.exe

を入力するとmintty上でBoWが起動する。

ショートカットを作る

このままだといちいちmsys2上から長いコマンドを入力しなくてはいけないので、ショートカットを作る。

  1. デスクトップで右クリックとかしてショートカットを作る。
  2. ショートカットのプロパティを開く
  3. リンク先に以下のように入力
C:\msys64\usr\bin\mintty.exe -h always -t "Bash" -e "[wslbridgeのディレクトリ]wslbridge/out/wslbridge.exe"

あとは煮るなり焼くなり。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした