Help us understand the problem. What is going on with this article?

Googleドキュメントで「番号付きリスト」や「箇条書き」に見出しを適用する【GAS】

More than 1 year has passed since last update.

モチベーション

Googleドキュメントで「番号付きリスト」や「箇条書き」の段落ごとに一括でフォントの大きさを変えたい!

解決

Google Apps Scriptで段落に見出しを適用するスクリプトを書いてみました。
→ 見出しなら一括でフォントの大きさやスタイルを変更できる!

適用例

例として以下のものを行います。
段落レベルが「0」のものに、見出し「1」を適用する。

実行前 実行後
FireShot Capture 024 - first - Google ドキュメント - docs.google.com.png FireShot Capture 025 - first - Google ドキュメント - docs.google.com.png

方法

  1. スクリプトエディタを起動します。
    ツール -> スクリプトエディタ

  2. スクリプトエディタ上で以下を実行します。

段落レベルが「0」のものに、見出し「1」を適用する。
function main() {
  var selection = DocumentApp.getActiveDocument().getBody()
  if (selection) {
    var listItems = selection.getListItems()
    for (var i = 0; i < listItems.length; i++) {
      var listItem = listItems[i];
      var level = listItem.getNestingLevel();

      // 段落レベルが「0」のものに、見出し「1」を適用する。
      if(level == 0){
        listItem.setHeading(DocumentApp.ParagraphHeading.HEADING1)
      }
    }
  }
}

見出しが適用されます。:smile:

自動実行

Googleドキュメントには、定期実行するシステムが揃っています!
ツール -> スクリプトエディタ -> 時計のマーク
トリガーを追加 -> イベントのソースを選択 -> 時間主導型 ->
あとはお好みで時間を設定します。
私は分ベースのタイマーにして、1分おきに起動しています。 
ただ、ドキュメントごとにいちいち設定しなくてはならないのが面倒くさいです:cold_sweat:

toromo
今年度で3年目になりました。 WEB開発やってます。自動化が好物。 定期的にアウトプットしていけたらと思います。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした