PHP
Laravel
入門
laravel5

Laravel入門-Laravelとは?特徴は?環境構築は?

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Qiita初投稿です。

年末年始お休みを頂いているので、新米エンジニアがPHPを勉強することにしました。

松下幸之助と関係あるんかいな?と思いながら調べてみると、


  • PHPフレームワークの中でも、最近注目を浴びているのがLaravel(ララベル)です。

  • 海外での普及スピードがダントツで、日本国内でも今後ユーザー数が伸びてくることが予想されます。

  • 他のフレームワークと比較すると日本語の情報は多くはないのですが、クセもなく、習得するまでの難易度は高くはありません。

  • その割にライブラリも豊富で、機能追加も頻繁に行われています。

とのこと。

流行りには乗っておきたい。難易度も高くない。公式に載っている「ウェブ職人のためのPHPフレームワーク」の職人という字に惹かれた。ということで、とりあえずやってみます。

ちなみに、松下幸之助と関係ないことを調べてくれてる方もいましたw

PHP研究所、PHP文庫ってプログラミング言語に関係あるの?

ネットは広大だわ。。


Laravelとは

Laravel(ララベル)は、フルスタックなPHPフレームワークで、ルーティング、コントローラ、ビュー、ORMなど基本的な機能を備え、さらに近代的なWebアプリで活用されるジョブキューやWebストレージなども積極的に統合している。

MITライセンスの下でリリースされており、そのソースコードはGitHubにホスティングされている。

Laravelの名前は『ナルニア国物語』に登場するナルニア国の王都、ケア・パラベルにちなむ。wikipedia


Laravelの特徴


  • コードが読みやすく、書きやすい

  • 学習コストの低さ

  • 強力なルーティングフィルター

  • 柔軟なオートローダー

  • 簡単なページネーション

  • ビューをサポートするコンポーサー


環境構築

私の環境:

 Mac OS X El Capitan

 PHP 5.6.10


Composerのインストール

まずは、Composerと呼ばれる、PHPのパッケージ管理システムをインストールします。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

これで、composer.pharが存在する階層にいる場合、composerコマンドが使えます。どこにいてもcomposerコマンドが使えるようにcomposer.pharを

$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer

としておきます。

移動後は、ターミナルで、

$ composer --version

を実行してバージョン番号が表示されることを確認します。


Laravelのインストール

次に、Laravelをインストールします。

インストールには専用インストーラを使用する方法とComposerを利用する方法の2つが用意されています。


専用インストーラでのインストール

Composerで専用インストーラをインストールします。

$ composer global require "laravel/installer=~1.1"

laravelコマンドが実行できるように、~/.composer/vendor/bin(Windowsの場合は、C:\%HOMEPATH%\AppData\Roaming\Composer\vendor\bin)ディレクトリにPATHを通します。

$ export PATH="$PATH:~/.composer/vendor/bin"

これで、以下のようにコマンド1つでLaravelプロジェクトが作成できます。

$ laravel new [プロジェクト名]


Composerでのインストール

以下のコマンドだけでOKです。

$ composer create-project laravel/laravel [プロジェクト名] --prefer-dist 


動作確認

プロジェクトのルート(プロジェクト名)に移動し、

$ php artisan serve

を実行すると、

Laravel development server started on http://localhost:8000/

と表示されるので、ブラウザでhttp://localhost:8000/にアクセスしてみます。

スクリーンショット 2016-12-29 23.26.27.png

このような画面が表示されれば、環境構築完了です!

LaravelにはArtisanというコマンドラインツールが用意されています。

artisan serveコマンドを使用することで、PHPの組込サーバでLaravelプロジェクトを動作させます。

デフォルトのホスト名はlocalhostで、--hostオプションで変更できます。

また、デフォルトのポート番号は8000で、--portオプションで変更できます。

今日はここまで〜。