2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

LINE DEVELOPER DAY 2017参加レポート(WAVEとBeacon)@Developers in KOBE #15

LINE DEVELOPER DAY 2017参加レポート(WAVEとBeacon)@Developers in KOBE #15

by torisankanasan
1 / 39

LINE DEVELOPER DAY 2017参加レポート
(主にLINE WAVEとLINE Beacon)

2017.9.29
Developers in KOBE #15
@torisan_kanasan


自己紹介

・かなたに たくや(@torisan_kanasan
・Software Engineer
・所属
 神戸デジタル・ラボ 新技術活用推進班
・仕事
 ほぼJavaScript


最近の関心ごと -> WebVR

祖父が営む駄菓子屋をWebVR化しました
 Screenshot_20170407-165450.png


最近の関心ごと -> SmartSpeaker

LINE WAVE買いました
 DIAFOykUAAEIq9E.jpg


お話しする内容

  • 2017年9月28日(昨日)に、渋谷ヒカリエで開催された『LINE DEVELOPER DAY 2017』に行ってきました
  • ので、LINE WAVE と LINE Beacon を中心にレポートします

開催概要(公式サイトより

  • 「LINE DEVELOPER DAY」は、コミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ、LINEの様々なサービスにおける技術領域でのチャレンジや、社内の開発体制などをご紹介する、エンジニア向け技術カンファレンスです。
  • クラウドAIプラットフォーム「Clova」に関連した技術についても発表させていただきます。

開催日時: 9月28日(木) 10:00開場、18:35終了予定
場所  : 渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホール
参加費 : 無料
懇親会 : イベント終了後、同じ会場で開催予定です
翻訳  : 当日は日本語・英語・韓国語の同時通訳をご用意しております(HALL A/Bのみ)


会場の様子


20170928_102337.jpg


20170928_101146.jpg


HALL A

20170928_103636.jpg


HALL B

20170928_154651.jpg


HALL C(10分程度のLT)

20170928_161122.jpg


以上!


想像していたよりコンパクトでした!


LINE WAVE と LINE Beaconに関するセッション


Opening Session

朴イビン 上級執行役員CTO

  • LINEの各アプリのMPVやMAUの紹介
  • 「LINE API Expert」LINEが公開するAPIなどの活用や普及活動を行う開発者を認定&支援する制度を実施する
  • 来年の春に京都開発拠点ができる
  • 2018年中に段階的にClovaの開発環境をopenにする

The Technologies in Clova

橋本泰一 Data Labs / Clova Center

Clovaとは?
  • LINEでは、AI = Virual Assistant in our life と定義
  • Clova is a Cloud-based virtual assistant.
  • スマホアプリや家電、自動車、おもちゃなどごく身近な様々なものにClovaを搭載し、生活を豊かにしていきたい。

技術
  • Clova Interface Connect (CIC)
    クライアントからの音声データをClovaに送信したり、スキルの結果をクライアントに渡したりする。
    SDKとAPIで構成される。

  • Clova Extension Kit (CEK)
    様々なサービスをCLovaに提供するためのAPI
    CEKのインターフェースに沿ったAPIで自作したアプリをClovaから使うことができる。


Example1 「秋にあう音楽をかけて」

image.png

  • ユーザがWAVEにClovaと言ったタイミングでCICに対して接続する(authentication)
  • ユーザーが音楽をかけてというとCICからSR(音声認識)でテキストにする
  • 次にNLU(言語解釈)で意図解釈する
  • そして、解析されたユーザーの意図に即して、CEKを通じて音楽を再生するアプリが選択される
  • 推薦エンジンによって秋に会う音楽を選択し、CEKからCICを繋がり、WAVEから音楽が流れる

現在のWAVEの機能(≒ Clovaの実力?)

  • 音楽の再生
  • 天気
  • 雑談
  • 占い
  • アラーム
  • IR リモコン

未来

  • Clovaを成長させていく
  • WAVEを今秋に販売開始する
  • Champはそのうち出す
  • 技術的な強化ポイント
    • Clovaの認識部分
    • 音声からの話者認識
    • 発話以外の概念の理解 例.(時間帯:朝話すとおはよう、夜話すとこんばんわ)
  • 一般販売に向けて以下のようなskillを適用していく予定
    • LINE連携
    • ラジオ
    • などなど
  • Gateboxとの連携も強化していく
  • 2018年にエンジニア向け開発環境を提供する

2018年...


LINEにおけるBluetoothを活用した取り組みの紹介

古田陽介 サービス開発1室

  • LINEでは、IoT的なサービスの展開にも力を入れている。
  • LINE Beaconとは? -> BLEを使った専用デバイス C3aAbHFUYAIVK3R.jpg 画像引用元

事例:キリンと提携

0413_01_01.jpg
画像引用元

  • ラインビーコンとBLEを使った双方向決済サービス
  • どのドリンクを選んだか、どれを買ったかをBLEを使ってやりとりしている
  • LINE を立ち上げて、スマホを自販機にかざすと、自販機とスマホでコネクションが確立される
  • 一度コネクションが確立すると、自販機から離してもOK

  • 自販機そのものをインターネットにつなげると回線設置コストや維持費用が必要になるので、 自販機とLINEアプリをBLEでつなぎ、インターネットにつなげることにした。
  • LINEアプリの中のBLE Connection managerがいて、自販機とつながる。
  • かざしたことを判定するために、電波強度を用いている。

For bot developers

image.png

  • LINE Messaging APIと連携する形で、LINE Beaconを一般の開発者も使うことができる。
  • botをフォローしているユーザーがビーコンに近づいたり、離れたりすると、webhookでbot serverに通知を送ることができる。

LINE Simple Beacon

  • LINE Beacon を Raspberry Pi で自作できる
    image.png

  • iBeaconやEddystoneの仕様の利用を当初考えていたが、その場所だけのサービスを実現したかったので、
    なりすましされにくい、独自の方式を使うことにした。

  • パケットの31bytesのうち、13bytesを自由に使える。


職場に自販機置いて、開発してたら、社内で怪しまれたらしい。。


弊社エンジニアがGPS受信機を自作して怪しまれた件を思い出したw

IMG_6408.JPG (1.3 MB)


どこの職場もIoT担当者は怪しまれる


まとめ

  • 昨年はMessaging APIの正式リリースが目玉だったようですが、 今年は目玉に欠けていた印象です・・・
  • 期待していたClovaのSDK・API提供の開始に関する話はありませんでした・・・
  • でも、LINE Beaconのセッションであった、スマホ経由で、インターネットに繋がっていても、IoTっていうのは面白いと思いました。
  • ので、LINE Simple Beaconをraspberry piで自作してみようと思います。
  • あと、本スライドでは触れませんでしたが、LINEメッセージアプリのバックエンドで HBaseを使っていて、HBaseのバージョンアップの際に苦労したという話も、面白く、勉強になりました。

おまけ


ランチ

20170928_115508.jpg


どら焼き

20170928_115334.jpg


ノベルティ

20170929_131342.jpg


スライド

LINE DEVELOPER DAY 2017で使用されたスライドは、slide shareで公開されています!


おわり

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
2
Help us understand the problem. What are the problem?