Help us understand the problem. What is going on with this article?

InterSystems IRIS ObjectScriptのClassMethodとVB.NETを接続するAPIの作り方

More than 1 year has passed since last update.

プログラムというのは「連動して動く」ことが自動化のカギであり、これが異なる処理言語である場合には「少なくとも一方の言語から、他方の言語の関数を呼び、処理結果を戻す」必要があります。ここではInterSystems IRISのプログラミング言語であるObjectScriptで作成したストアドプロシージャ(Stored Procedure)の[ClassMethod]で書かれた関数を、VB.NETから引数を渡して実行し、戻り値を得るいくつかのバリエーションについて示します。この記法を一度覚えてしまえば、あとはClass Referenceを見ながら、必要な引数と戻り値の型を身に着けていく段階に移行できます。

ケースを4つに分けます:
1・引数がなく、戻り値がないストアドプロシージャの呼び方
2・引数がなく、ResultSet型の戻り値があるストアドプロシージャの呼び方
3・引数があり、ResultSet型の戻り値があるストアドプロシージャの呼び方
4・引数があり、参照渡し型の戻り値がある(SQL型でない)ストアドプロシージャの呼び方

まず1、2から
1・引数がなく、戻り値がないストアドプロシージャの呼び方
2・引数がなく、ResultSet型の戻り値があるストアドプロシージャの呼び方

ObjectScript側の書き方:

User.MercForNLP
//Userネームスペースに、新規クラス名としてMercForNLPを作成する。%Persistentは、ディスクにデータを永続化する、という意味
Class User.MercForNLP Extends (%Persistent)
{
Property contentField as %String; //フィールドを記述する方法は、Propertyをつけて宣言する。最後に;が入る(ここだけ)

//メソッドに相当する、ClassMethodの書き方。StoredProcTest1, StoProcTest1 以外はお約束と思って可
ClassMethod StoredProcTest1() [ ReturnResultsets, SqlName = StoProcTest1, SqlProc ]
{

    #dim rs // ResultSet。ここで%Integerや%Stringなどの型を宣言してもよいが、宣言しなくてもVariableとして機能する(最初は型宣言を入れるとわかりにくいものも多いので、まず動くことを優先する)

   //関数はSet宣言をして使う。クラス名は##class()の中に記述し、新規インスタンスは%New()で宣言する。
   //ここでは、%library.Resultset型の変数rsを宣言し、そのResultSetが%iKnow.Queries.EntityQAPI:GetBySource(...)の戻り値を受ける。という動きを表している
    Set rs=##class(%Library.ResultSet).%New("%iKnow.Queries.EntityQAPI:GetBySource") 

    //ドメインIDが引数で必要なので、これを取得する。すでにAnalyzeMercというドメイン名を作成している(前の記事を参照)
    Set domId = $system.iKnow.GetDomainId("AnalyzeMerc")

    //重要:GetBySourceの実行で、引数を指定している。引数はドメインID、エンティティID、(省略可能な引数)、バッファの4つ。
    Set sc=rs.Execute(domId,i,,1000)
    //実行結果がrsに格納されたので、これをSQL型で呼べる内容に変換してセットする。(実際上、この処理で戻り値を出したことになる)
    //戻り値がないときは、この最後の関数を記述しない
    Do %sqlcontext.AddResultSet(rs) 
}
}

VB側の書き方:

Form1.Button1_Click
Imports InterSystems.Data.IRISClient
Public Class Form1
'例としてButton3が押されたときに処理するようなコードにしている
    Private Sub Button3_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button3.Click

        'IRISCommectionクラスを使って、IRIS DBサーバにアクセスする
        Dim connection As IRISConnection
        connection = New IRISConnection
        'IRIS DBサーバに接続する基本的な書式。NameSpaceは、格納されているデータが存在するところを指定すること。yourpassとyourIDは各自の環境に合わせて設定したものに置き換えること
        connection.ConnectionString = "Server=localhost; Port=51773; " + "Namespace = TESTSAMPLES; " + "Password = yourpass; " + "User ID = yourID;"
        '接続コマンドを送り、通信を開始する
        connection.Open()
        'ClassMethodを呼び出すためのIRISCommandCkassを宣言する
        Dim Command As IRISCommand
        'IRIS DBからSQL形式でデータを読み取るためのIRISDataReaderを宣言する
        Dim reader As IRISDataReader
        '重要:ObjectScript側で設定した[]内の”一意の呼び名”でコールする(ClassMethodの名前そのものではないことに注意!)
        Command = New IRISCommand("SQLUser.StoProcTest3", connection)
        'コマンドの方がストアドプロシージャであることを指定している
        Command.CommandType = CommandType.StoredProcedure

        '関数のAPIコール。これによって、readerにAPI実行結果が格納される。
        reader = Command.ExecuteReader()
        'Command.ExecuteNonQuery()とすると、戻り値のないAPI実行ができる。その場合は以下のReader処理は不要。

        '重要:Reader.Read()とすると、読み出した表の行フォーカスを1行送るようなイメージになる。
        While (reader.Read())
            '読み出す項目はreader.Item("フィールド名")で指定する。ここではObjectScript側でcontentFieldを作っているので、これを呼び出すことができる。
            MsgBox(reader.Item("contentField") )

        End While

    End Sub
End Class

ObjectScript、VB.NETの記述が互いのどの項目に相当するかを矢印で示してみました。(引数のある場合。次回に続きます)
image.png

torisan_
InterSystems FHIR と Node.jsの連動に関心があります。 Object-Oriented Database(OODB)について考察し、.NET等で利用しようと考えている人です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした