Help us understand the problem. What is going on with this article?

Singletonパターンに触れてみる

More than 3 years have passed since last update.

今日の目標

JavaのSingletonパターンとはどういったものなのかを知る

使うもの

ではスタート

はじめに

まずはおなじみWikipediaでSingletonを調べてみる。

Singleton パターン(シングルトン・パターン)とは、GoF(Gang of Four; 4人のギャングたち)によって定義されたデザインパターンの1つである。Singleton パターンを用いると、そのクラスのインスタンスが1つしか生成されないことを保証することができる。 ロケールやLook&Feelなど、絶対にアプリケーション全体で統一しなければならない仕組みの実装に使用される。

たまに見かけるパターンですね。
インスタンスを外部から生成できないようにし、お呼ばれしたときに必ず同じインスタンスを返す(インスタンスを1つだけ生成する)ようなパターンをSingletonパターンと言うみたいです。

本のサンプルを参考にしてみる

Singleton.java
package single;

public class Singleton {

    private static Singleton instance = new Singleton();

    private Singleton() {
        System.out.println("シングルトンインスタンスを生成");
    }

    public static Singleton getInstance() {
        return instance;
    }
}
Main.java
package single;

public class Main {

    public static void main(String[] args) {
        // TODO 自動生成されたメソッド・スタブ
        Singleton singleton1 = Singleton.getInstance();
        Singleton singleton2 = Singleton.getInstance();


        if(singleton1==singleton2) {
            System.out.println("インスタンスが同じです");
        } else {
            System.out.println("インスタンスが異なります");
        }
    }

}

これだけです。
Singletonクラスのコンストラクタはprivateなので、Singletonクラスの中でしかnewができないようになっています。また、ほかのクラスに渡すinstanceはstaticとして定義しています。まあ、これだと確かに1つしかinstanceが生成されないですね。
ちなみにmainの結果はこれ。

シングルトンインスタンスを生成
インスタンスが同じです

singleton1、singleton2は同じインスタンスということがわかります。
newをしようとすると、エラーになります。もちろん。
singleton1.png

インスタンスの数を管理したい!制限したい!という場合には、Singletonパターンを使うんですね。具体的に使うところはあまり見えないですが、こういったパターンがある、ということを覚えておけばいざというときにきっと役に立つ。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away