Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

LAMP+Redis環境を超短手数で構築する

Javaのインストール

ツールを動かすためにJavaを使います
ここからダウンロード
解凍します
環境変数作成
名前:JAVA_HOME 値:解凍してできたフォルダのパス
環境変数修正
名前:PATH 値:解凍してできたフォルダ内のbinフォルダを追記
インストール完了

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxダウンロード
インストーラーを実行する
インストール完了
WindowsでVirtualBoxを使用する場合、仮想化支援機能(VT-x/AMD-V)をBIOSから有効にする。Hyper-Vを無効化する

Vagrantのインストール

Vagrantダウンロード
インストーラーを実行する
インストール完了

ツールのダウンロード

ここからダウンロード
解凍します

仮想環境とのファイル共有設定

解凍したツールの中は下記になっています

|-- run_sample-master
|   |-- docs
|   |-- fairysupport_run
|   |-- synced_folder
|   `-- vagrant

Macを使っている場合、
fairysupport_runフォルダ内のserver.properties.localをテキストエディタで開き、\\/に修正してください

vbguestプラグインのインストール
vagrantフォルダ内のvagrant_plugin_vbguest.bat(Linuxの場合vagrant_plugin_vbguest.sh)をダブルクリック
完了

Vagrant起動

vagrantフォルダ内のvagrant_up.bat(Linuxの場合vagrant_up.sh)をダブルクリック

起動完了

LAMP+Redis環境構築

fairysupport_runフォルダ内のrun_quick_lamp.bat(Linuxの場合run_quick_lamp.sh)をダブルクリック

構築完了

ファイル共有確認

ツールを解凍してできたフォルダ内のsynced_folder\vm1内を見ると仮想環境内の/var/www/htmlディレクトリのファイルが入っているのが確認できます

ssh接続

構築したLAMP環境にPuTTYで接続してみます
puttygenを起動
a.png
Conversions→Import keyをクリック
run_sample-master\vagrant\.vagrant\machines\vm1\virtualbox\private_key
を選択
b.png
Save private keyをクリック
private_key.ppkという名前で保存
c.png

PuTTY起動
e.png

認証→参照をクリック
先ほどputtygenで作成したprivate_key.ppkを選択
f.png

セッションをクリック
ホスト名:127.0.0.1
ポート:2230
セッション名:127.0.0.1:2230
を入力して
保存をクリック
g.png
開くをクリックして接続する
h.png
vagrantユーザーでログイン
i.png

スーパーユーザーのパスワードはvagrantです

su -
Password: [vagrantと打つ] 

PHPインストール確認

php -v
と入力
j.png

MySQLインストール確認

mysql -uroot -ppass@123word
と入力
k.png

ホストOS(Windows)からゲストOS(Vagrant)へ接続できるユーザーを作成

CREATE USER 'vagrant'@'gateway' IDENTIFIED BY 'vagrant';
GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'vagrant'@'gateway';
FLUSH PRIVILEGES;

ホストOSのコマンドプロンプトから

mysql -uvagrant -pvagrant -P3316 -h127.0.0.1

または

mysql --user=vagrant --password=vagrant --port=3316 --host=127.0.0.1

接続できることを確認する
ポート3316はVagrantfileでforwarded_port設定してあります

Redisインストール確認

redis-cli
と入力
set key1 value1
get key1
a.png
動くことを確認する

WindowsからVagrantのRedisに接続してみる
Windowsでtelnetクライアントを有効にする
b.png
設定をクリック
c.png
アプリをクリック
d.png
一番下にあるプログラムと機能をクリック
e.png
Windowsの機能の有効化または無効化をクリック
f.png
Telnet Clientをチェック

コマンドプロンプトから
telnet 127.0.0.1 6389
と入力
ポート6389はVagrantfileでforwarded_port設定してあります

なぜかコマンドプロンプトの1行目が見えなくなりますが、気にせず
set key2 value2
と入力しEnter
+OKと表示される
get key2
と入力しEnter
value2が表示される

Apacheインストール確認

http://localhost:8080/index.php
にブラウザからアクセス
正しく表示されることを確認する

使ったツール

LAMP+Redis環境構築は以上で完了です
今回fairysupport runというツールを使って構築しました
https://ja.fairysupport.com/run/index.html
https://doc.fairysupport.com/run/ja/index.html
このツールは複数のサーバに対して同じシェルを実行できるツールです(1サーバだけに対して使用してもかまわない)
使用したツールのサンプルはLAMP+Redis環境を2つつくるサンプルです
したがってVirtualBoxマネージャーを見るとvmが2つ起動しています
今回の作業でLAMP+Redis環境が2つできました
ローカルで1つあればいいという場合、
(1)ツールを解凍してできたフォルダ内のvagrant\Vagrantfileファイルを修正
  config.vm.define :vm2 do |server|からendまでをコメントにする
(2)ツールを解凍してできたフォルダ内のfairysupport_run\server.properties.localファイルを修正
  server2ではじまる箇所をコメントにする
(1)(2)を行うと1サーバに対してのみLAMP構築になります

また、ツールを解凍してできたフォルダ内のfairysupport_run\server.properties.localファイルの内容を修正すれば、どのサーバに対しても今回と同じLAMP環境を構築できます

toontoon
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away