iPhone
QuickTime
プレゼン

お手軽!プレゼンでiPhoneの画面を綺麗に見せる方法

More than 1 year has passed since last update.

勉強会などのプレゼンでiPhoneの画面をプロジェクターに表示させるとき、みなさんはどうしていますか?

  1. ビデオカメラに直接iPhoneを映す
  2. iPhoneの画面を参加者に直接見せる

といった見せ方をしているならば、参加者はきっとiPhoneの画面が見えてなくて、辛い思いをしていることでしょう。iPhoneの画面はQuickTime playerを使うと手軽に綺麗にディスプレイ上に表示させることができます。プレゼン内容を正確に参加者に届けるために、この機能を使いましょう。
※ なお、今回紹介する機能はWindowsには対応していません。

設定方法

  1. MacとiPhoneをライトニングケーブルで接続します。
  2. QuickTime Playerを起動し、[ファイル]→[新規ムービー収録]を選択します。
  3. 録画ボタンの右にある下向き矢印(下図の赤枠部分)をクリックし、[カメラ]の箇所で接続したiPhone名を選択します。スクリーンショット-2015-07-05-23.26.02.jpg

以上の設定で、iPhoneの画面がMacのディスプレイ上に映しだされ、iPhoneでの操作がすべて反映されるようになります。また、2.で[マイク]もiPhoneに設定すると、iPhoneでの音声再生がMac側で再生されるようになります。

ブログなどのデモ動画撮影にも便利

ブログなどでiPhoneの画面を綺麗に撮影したい時も便利です。例えばBrowserSyncデモ - YouTubeでは、前述のムービー出力でiPhoneの画面をMacに映し、Macの画面をQuickTime Playerの画面収録機能を使って撮影しています。

最後に

広い会場で行われる勉強会に参加したとき、スピーカーが「このiPhoneの画面を見てください!」と言って紹介された画面が全然見えないという悲しい思いをしたことが何回もあります。せっかくの魅力的なプレゼンも、画面が見えなければ台無しです。

この機能が広まって、みんながハッピーになれますように。