LoginSignup
35
37

More than 5 years have passed since last update.

Xcode 7.3ではMacの感圧タッチトラックパッドでiPhoneの3D Touchをデバッグできる

Last updated at Posted at 2016-03-22

Xcodeを使ってiPhone用アプリを開発する際、iPhoneの3D TouchをMacの感圧タッチトラックパッドでシュミレートできる新機能が、Xcode 7.3で実装されました。本エントリーではこのデバッグ方法を紹介します。

Macの感圧タッチトラックパッドとiOSの3D Touch

2015年に発売されたAppleのMacbookシリーズのトラックパッドや「Magic Trackpad 2」は、従来のトラックパッド操作に加えて「強めにクリック」することで操作する「感圧タッチ(Force Touch)」機能があります。
また、2015年発売のiPhone 6s、iPhone 6s Plusには「画面を押し込む」ことによって操作する「3D Touch」が実装されています。
この2つは似た機能であり、iOS Simulatorで感圧タッチトラックパッドを使って3D Touchをデバッグすることはこれまで不可能でしたが、2016/03/22リリースのXcode 7.3で遂にデバッグ機能が実装されました

Xcode 7.3で感圧タッチトラックパッドを使って3D Touchをデバッグするデモ

では感圧タッチトラックパッドで3D Touchをデバッグしてみましょう。
基本的なXcodeの使い方やアプリ開発の方法は記事「10分で試せる! Swiftを使った初めてのiOSアプリ開発入門 - ICS MEDIA」をご覧ください。

① あらかじめXcode 7.3をインストールしておきます。
② 任意のプロジェクトをXcodeで生成します。
③ iOS Simulatorのターゲットを「iPhone 6s」か「iPhone 6s Plus」にします。3D Touchに対応していない他のiPhoneではデバッグできません。

  image

④ デバッグ実行ボタンを押します。
⑤ iOS Simulatorが起動したら、[Hardware]→[Use Trackpad Force for 3D touch]にチェックを入れます。

⑥ [Hardware]→[Home](または[shiftキー]+[commandキー]+[H]キー)を選択して、ホーム画面を表示します。

⑥ Safariの場所で、感圧タッチトラックパッドを「強めにクリック」します。Safariは3D Touchに対応しているので、クイックアクション(アプリケーションのショートカットメニュー)が表示されます。

感圧タッチトラックパッドの搭載されたMacbookとMagic Trackpad 2で確認できました。

やっと「強めにクリック」の出番が来た

iPhone 6sが発売された時、「あれ? 感圧タッチトラックパッドで3D Touchはデバッグできないの?」ともどかしい思いをしていたので、この機能はずっと待ちわびていた機能でした。

感圧タッチトラックパッドの「強めにクリック」は対応しているアプリもまだ少なく、正直使いどころが少なく感じていましたが、このXcode 7.3のアップデートのおかげで活躍する機会が増えそうです。

35
37
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
35
37