Help us understand the problem. What is going on with this article?

デバッグやブログ記事に便利。iPhoneの操作を動画撮影する方法と便利テクニック

More than 1 year has passed since last update.

従来、iOSの画面を動画撮影するにはmacOSのQuickTime Playerを使う必要がありました。iOS 11ではiPhone単体で画面収録が可能になります

次のようなシーンで役立つでしょう。

  • ウェブサイトやアプリの開発中のバグを録画してチームでシェアする
  • 画面操作方法を技術記事やSNSでシェアする
  • アプリゲームのプレイ動画を撮影してYouTubeにアップする(著作権にご注意ください)
  • iPhoneの操作方法がわからない親に対して、操作方法を説明した動画をLINEで送信する

本エントリーでは、画面収録の設定方法と覚えておくと便利なテクニックを紹介します。

設定方法

① [設定]→[コントロールセンター]→[コントロールセンターをカスタマイズ]より、コントロールセンターのカスタマイズ画面を開く

② [コントロールを追加]より[画面収録]を選択し、[含める]に移動する

③ コントロールセンターに画面収録用ボタンが現れる

収録方法

コントロールセンターの画面収録ボタンをタップすると、画面の録画が始まります。停止する場合は、再度同じボタンをクリックします。

収録した動画は、写真アプリに保存されます。動画をタップすると、正しく画面上の操作が収録されているのがわかります。

音声ありでの収録も可能

収録ボタンを強くタップすることで、撮影時のマイク設定が可能になります。音声ありでの画面収録に役立つでしょう。

撮影終了部分をトリミングするのがベター

撮影終了時はコントロールセンターを開いてボタンをタップするのですが、その部分はトリミングしておくと不要な操作画面を見せずに済みます

SNSへのアップについて

写真アプリの画面左下のシェアボタンより、YouTube、Facebook、LINE、Instagram等への動画投稿が可能です。

Twitterへのアップは、公式アプリから可能です。

よきiOSライフを。

tonkotsuboy_com
ICSのインタラクションデザイナーです。「JavaScriptコードレシピ集」の著者。CSS Nite 2017・2018でベストセッションの1人に選出されました。 アプリ開発やWebページ制作が専門で、フロントエンドの情報を随時発信しています。猫の名前は「うに」です。九州大学芸術工学部音響設計学科出身。
https://ics.media
ics
インタラクションデザイン専門のプロダクション。最先端のウェブテクノロジーを駆使し、オンスクリーンメディアの表現分野で活動しています。最新のウェブ技術を発信するサイト「ICS MEDIA」を運営。
https://ics.media/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした