JavaScript

hello world!をconsole.logで出力

More than 3 years have passed since last update.


hello world!をconsole.logで出力

javascriptでほとんどの人が最初に習う記述。


alert

alert("hello world!");


知っての通り実行するとアラートがでます。

スクリーンショット 2015-09-07 19.27.45.png

JS記述のDEBUGに使おうとするといちいちウィンドが立ち上がり邪魔です。


「alert」の代わりに「console.log」

JSのDEBUGで使うなら「console.log」が便利です。


console.log

console.log("hello world!");


実行しても一見なにも変化がありません。

どこに表示されるかというと、開発ツールのコンソールに表示されます。

スクリーンショット 2015-09-07 19.34.32.png

一般ユーザーがコンソールを見ることはないので、記述の消し忘れがあっても気づかれません。

読み込み順の確認や、変数の中身の確認に便利です。



console.logのテスト

<!doctype html>

<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>Document</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.1.min.js"></script>
</head>
<body>
<script>
console.log("hello world!");

console.log("実行順01");

window.onload=function(){
console.log("実行順04");
for (var i=0; i<9; i++) {
console.log("i = "+i);
if(i == 5){
console.log("iが5です。");
}
}
}

jQuery(function($){
console.log("実行順03");
});

console.log("実行順02");

</script>
</body>
</html>


実行結果

スクリーンショット 2015-09-07 19.52.38.png