Help us understand the problem. What is going on with this article?

改訂2版 パーフェクトRuby 初級者が読むべき所まとめ

More than 1 year has passed since last update.

パーフェクトRubyまとめ

改訂2版 パーフェクトRuby Rubyサポーターズ (著)
という、Ruby界では有名な本をRuby初級者の自分が一通り読んでみました。
しかしこの本、全592ページあります。

初級者が全部読むにはなかなかしんどいので、初級者が読むべき所をまとめました。

○:初級者でも読むべき
△:そのうち読み返そう
×:必要が来た時に読もう

Part1 概要

○第一章 Rubyを触ってみよう

読む

Part2 言語仕様

○第二章 Rubyの基礎

読む

○第三章 制御構造、組み込み関数、メソッド

読む

○第四章 クラスとモジュール

読む

○第五章 主な組み込みクラス/モジュール

△5-7 IO/File

Fileクラスの操作
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

△5-8 Dir

Dirクラスの操作
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×5-9 Thread

スレッドの操作

×5-10 Fiber

Fiber
ノンプリエンティブな軽量スレッド

×5-11 Process

Process
プロセスを管理するためのモジュール

×5-12 Struct

Struct
構造体を表現するクラス

×5-13 Marshal

Marhal
オブジェクトを永続化するためのモジュール

×5-14 ObjectSpace

実行中のRubyプロセス中に存在するオブジェクトを操作する

Part3 メタプログラミング

○第六章 Rubyのクラスオブジェクト

読む

第七章 オープンなクラス

×7-2 Refinements

Module#refine

○第八章 Procオブジェクト

読む

第九章 Methodクラス

×9-1 Methodオブジェクト

×9-2 Methodクラス、UnboundMethodクラス

○第十章 リフレクションプログラミング

読む

Part4 標準添付ライブラリ

第十一章 ライブラリ

×11-1 非同期プログラミング(fiber)

△11-2 ファイル/ディレクトリを操作を極める

pathname,fileutils,tmpdir,tempfile
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×11-4 上級者のための文字列オブジェクト

StringIO
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×11-5 集合で遊ぶ(set)

×11-9 Rubyのベンチマークを簡単に

Part5 実践プログラミング

×第十三章 gemパッケージの作り方

必要な時が来るまで触らないと思う。

○第十四章 よく使われる標準ツール

×14-2 YARD

ドキュメントが必要な時が来るまで触らないと思う

×第十五章 コマンドラインアプリケーション

CLIアプリケーション作る必要性が出来るまで触らないと思う

×第十六章 テストコード

test-unit
Rspecを普段使うなら流し見でいい

tomuziso
Ruby/Ruby on Rails Kotlin/Spring Boot ブログ https://bottoms-programming.com/
https://bottoms-programming.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした