Ruby
プログラミング
初心者

改訂2版 パーフェクトRuby 初級者が読むべき所まとめ

パーフェクトRubyまとめ

改訂2版 パーフェクトRuby Rubyサポーターズ (著)
という、Ruby界では有名な本をRuby初級者の自分が一通り読んでみました。
しかしこの本、全592ページあります。

初級者が全部読むにはなかなかしんどいので、初級者が読むべき所をまとめました。

○:初級者でも読むべき
△:そのうち読み返そう
×:必要が来た時に読もう

Part1 概要

○第一章 Rubyを触ってみよう

読む

Part2 言語仕様

○第二章 Rubyの基礎

読む

○第三章 制御構造、組み込み関数、メソッド

読む

○第四章 クラスとモジュール

読む

○第五章 主な組み込みクラス/モジュール

△5-7 IO/File

Fileクラスの操作
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

△5-8 Dir

Dirクラスの操作
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×5-9 Thread

スレッドの操作

×5-10 Fiber

Fiber
ノンプリエンティブな軽量スレッド

×5-11 Process

Process
プロセスを管理するためのモジュール

×5-12 Struct

Struct
構造体を表現するクラス

×5-13 Marshal

Marhal
オブジェクトを永続化するためのモジュール

×5-14 ObjectSpace

実行中のRubyプロセス中に存在するオブジェクトを操作する

Part3 メタプログラミング

○第六章 Rubyのクラスオブジェクト

読む

第七章 オープンなクラス

×7-2 Refinements

Module#refine

○第八章 Procオブジェクト

読む

第九章 Methodクラス

×9-1 Methodオブジェクト

×9-2 Methodクラス、UnboundMethodクラス

○第十章 リフレクションプログラミング

読む

Part4 標準添付ライブラリ

第十一章 ライブラリ

×11-1 非同期プログラミング(fiber)

△11-2 ファイル/ディレクトリを操作を極める

pathname,fileutils,tmpdir,tempfile
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×11-4 上級者のための文字列オブジェクト

StringIO
ガッツリ使う日が来たら読み直そう

×11-5 集合で遊ぶ(set)

×11-9 Rubyのベンチマークを簡単に

Part5 実践プログラミング

×第十三章 gemパッケージの作り方

必要な時が来るまで触らないと思う。

○第十四章 よく使われる標準ツール

×14-2 YARD

ドキュメントが必要な時が来るまで触らないと思う

×第十五章 コマンドラインアプリケーション

CLIアプリケーション作る必要性が出来るまで触らないと思う

×第十六章 テストコード

test-unit
Rspecを普段使うなら流し見でいい