Help us understand the problem. What is going on with this article?

twitter APIで遊んでみる #1(環境作り)

More than 1 year has passed since last update.

Twitter APIを発行する

以下のサイトを参考にAPIのキーを発行しました。
https://4-bh.com/twitter-api/

環境作り

OSはCentOS7を使用しました。今回はpython3でコードを書きます。

ちなみに最初はCentoOS7標準のpython2.7でやっていたのですが、後々エンコード周りでハマってしまいました。python3系なら大丈夫という記事をどこかで見たので、途中からpython3でやることに変更しました。その記事通り、python3系にしたらハマっていた部分でエラーが出ること無くスルリンとうまくいきました。

yum
まずはpip3を使用できるようにします。

$ sudo yum -y install epel-release.noarch
$ sudo yum -y install install python36 python36-devel python36u-pip

またpython3.6python3として使えるようにシンボリックリンクを貼ります。

# python3.6のパスを確認
$ which python3.6
/usr/bin/python3.6

# python3のシンボリックリンク作成
$ sudo ln -s /usr/bin/python3.6 /usr/bin/python3

# "python3" と打って正しく動作するか確認
$ python3 --version
Python 3.6.2

pip
必要なpythonモジュールを追加します。
TwitterへのアクセスはOAuth認証を必要とします。

PythonでOAuth認証をするために、今回はRequests-OAuthlibというライブラリを使ってみます。

$ sudo pip3 install requests requests-oauthlib

このライブラリのOAuth1Sessionを使用します。これには以下4つのデータを与えてあげます。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

これら4つの取得方法は上記 Twitter APIを発行するのサイトを参考にしてください。

ファイル構成

こんな感じです。

twitter                  # アプリディレクトリ(名前はなんでもいい)
├── config.py            # OAuthの認証情報
├── config.pyc           # 最初はないが、実行すると勝手にできる
└── getTimelineTweet.py  # 次回作成するアプリ

config.py
認証情報を格納しておきます。

CONSUMER_KEY = "********************"
CONSUMER_SECRET = "********************"
ACCESS_TOKEN = "********************"
ACCESS_TOKEN_SECRET = "********************"

終わりに

これで一旦の環境作りは完了です。次回以降、twitterからデータを引っ張ってきて遊んでみようと思います。

tomozo6
元Cobolerで金融系案件のPM。 インフラの技術に興味があって転職。 オンプレのホスティングサービスの構築,保守,運用を担当。 現在、時代の流れによりオンプレ環境を全てAWSへ移設する作業中。 全体改善,効率化,DevOpsが最近の興味関心。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした