Edited at

Windows Subsystem for Linux(WSL)にPuTTYでアクセスする


経緯

Windows Subsystem for Linuxで、Ubuntuを使っていますが非常に便利です。

WSLを導入してしばらくはコマンドプロンプト(cmd)でやっていましたが、いかんせんコピペがうまくできない!

マウスを使えばできないこともないけど、どうやってもキーボードだけでコピペができる方法がわかりませんでした

他は許せるけどこれだけが不満…

そこで、普段使用しているPuTTYからWSLにsshアクセスしてみることにしました。


小話

ちなみにWSLは以下のような別名もあり、ググるときは両方共検索してみたほうがいいかもです。


  • Windows Subsystem for Linux(WSL)

  • Bash on Windows(BoW)


手順


元々入っている sshサーバーを削除

なぜか元々入っているsshサーバーだとうまくいかない…。原因はわからないけど思考停止して削除しちゃいます。

$ sudo apt-get remove openssh-server


新規でsshサーバーをインストール

$ sudo apt-get install openssh-server


sshd_configを編集

ここは個人の自由ですが、少しセキュリティ関連の設定をします。

$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config

以下は私がとりあえず気にしている項目です。

# rootログインを拒否

PermitRootLogin no

# パスワード認証を拒否
PasswordAuthentication no

# 空パスワードを拒否
PermitEmptyPasswords no


sshサーバーを再起動

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

うまくいかない場合は以下のコマンドも試してみます。

$ sudo service ssh --full-restart


PuTTYにてアクセス

PuTTYで、localhost:22で接続してみてください。

WindowsからWSLにアクセスできるようになったと思います。

これでいつも使っているPuTTYでWSLが扱えます!